マレーシアで初めて1セントコインを見る


マレーシアの通貨はリンギット。

1リンギットが約30円で、100セントが1リンギット。

セントになるとコインになるのだが、
5、10、50セントはこれまでも使ってきた。

そして、買い物の時に19.99セントのような時は
切り上げて20リンギットになる。

5セント以下は存在しないのだろうと思っていた。


しかし、先日銀行へ行き、
ビジネスからの報酬を受け取った時、
初めて1セントコインを見た。



USドル建ての報酬が
Western Unionを通して送られてきて、
リンギットでの受け取りとなったので端数が出る。

その端数が切り捨てられず、
しっかり支払われていた。

マレーシアのコインでは、
唯一銅でできているらしく、
他のコインが銀色なのとは見た目で違う。

ただ、実際に1セントコインを使う場面は、
おそらくないと思う。

存在すら知らなかったぐらいだし。


この1セント硬貨を3枚もらったものの、
確実に使い道がないような・・・



PS.
Western Unionからの送金を受けられる銀行が
どうも変わってしまったらしい。

特にアナウンスもなく、先日と同じ支店で断られた。

しかも銀行内で行員と話すこともなく、
入り口の警備員から受け取りができないと言われたため、
真偽の程がわからない。

警備員が細かな実務にまで精通しているとも思いがたい。



結局、近くの別の銀行まで歩くことになり、
いい加減銀行に振り込んでくれないかと思った。

Western Unionの使い勝手が悪い。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ