30代のうちは独身のままでいいと思っている


独身で30代を迎え、その後も特に結婚する予定もない。

周囲も籍を入れることが増えてきたし、
どうも流れとしては身を固める時期に来ているらしい。

平凡で平均的な、事なかれ主義で考えるなら
とりあえずいつまでも1人でいるのは体裁が悪いとか、
老後が心配とかいうことになる。



しかし、私は30代のうちは独身のままで生きていくのが
ベストではないかと思っている。

一般論というよりも個人的に。

そもそも結婚する意味をいまだに見い出せないし、
単なる契約関係にそこまでの価値を感じない。


しかも婚姻契約は法的にも重いし、
簡単に破棄できるものではない。

一方がもう離婚したいと思っても、
相手が同意しなければ裁判にまでもつれこむ。

そこでも法律に決められた相応の理由がなければ
法的な拘束で別れられない。



男側としては離婚の際は不利な事が多いし、
(財産分与や慰謝料、親権等)
何もその立場に身を置く理由もない。

少なくても自分のためという観点では、
独身でいる方が有利に思えてならない。

30代なら介護のことなんてずっと先だし、
離婚率の上昇を見てもいつまで結婚生活が続くか予測できない。


まして私のように各国を転々としながら暮らすのに
家族がいたら相当な制限を受けることになる。

正直、わずらわしい。



不確実な未来のために家族を作るよりも、
その時に対応できる力を身につけておくほうが安定する。

たとえば介護が必要になっても、
妻や子供に迷惑をかけるより老人ホームに入る資金を作っておくとか、
労働力が足りている国で介護を受けられるようにするとか、
その方がよほど安心。

日本で十分な介護が受けられないなら、
別に海外で暮らせばいい。

今だってそうしているわけなので、別に抵抗はない。



国の年金は信じていないので、
30代になってから積立型の投資を始めた。

期間は25年なので55歳の時に満期になる。

これで老後の資金はとりあえず確保できる。


その時まで独身だとしても、十分に生活できる目処は立った。



幸か不幸か子供はほしくないので、
その点を理由に結婚する必要もない。

自分の遺伝子を後世に残したいという気持ちは分からないし、
子供とキャッチボールがしたいとか
そういう気持ちもない。


子供が欲しくて30代で独身だと、
そろそろという方向に気持ちが傾くのは理解できる。

あまり年齢が高くなってからでは
子供ができるかどうかとか、
運動会の時に困るとか色々あるのだろうし。



老後に孤独になるとか、そういうことも特に悲観していない。

仮に60歳以降を老後とするなら、
そこに到達するまで私なら28年ある。

30代ということは、20年から30年後に60歳になるわけで、
自分が生きてきた期間と大差ないだけの期間を
もう一度生きた後の話。


結婚してもその時には独身に戻ったり、再婚したり、
家庭が破綻していたりするかもしれない。

少なくても、
私は28年後の未来について確信は持てない。

婚姻契約が万能だと信じているわけでもないので、
がんじがらめに制約を設けて、
ボンヤリとした将来の不安を解消するのは
どうしたものかと感じてしまう。



とりあえず30代のテーマはシンプルで、
40歳で身体が動かなくなるつもりで生きること。

そのためには独身の方が都合がいいし、
住む国を転々とするのは身軽な方がいい。


同世代の友人が結婚していこうと、
それは関係のないこと。

サラリーマンを辞めて独立した段階で、
つまらない常識や既成概念は捨てた。

実際の所、普通の生き方をしている人を見て幸せには見えないし、
だからこそ背を向けたわけなので
プライベートについても同様でいい。


すでに住む国を次々に変えるとか、
普通とは言えない状態になっているわけだし
今さら平凡な日常を求める気もない。



何かの間違いがない限り、
きっと30代のうちは独身でいるのだろうと思う。

40代以降に心境の変化があって、
結婚したりする可能性はあるが。


そんな先の話は確信を持って予想できないので、
何があるか分からない。

ただ、30代の間には結婚の可能性は低そうな気がする。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ