30代になって白髪がほぼなくなって黒くなった


20代の頃より30代の今のほうが白髪が減るという
通常とは逆の現象が起こった。

別に何かの商品を使ったわけではなく、
特別なノウハウがあるわけでもない。

対策を練ってきたかといえば、
そういうことでもない。



では、なぜこのような現象が起こったかと振り返ると、
心当たりは1つしかない。

それは仕事。

私の白髪が増えてきたのはある会社で正社員になり、
パワハラに悩まされるようになってからだった。

それから露骨に目立つようになっていったので、
原因はそこと考えていいと思う。

当時は20代前半だったので、年齢的には若かった。


しかし、心的な要因で身体に変化が出るということを
身を持って体験した。



サラリーマン人生を20代で終えて独立後、
白髪がどうなったかは覚えていない。

というよりも気にしていなかった。

劇的な変化が生じたわけではないし、
気にしても仕方なかったので。

一時期は坊主にしたこともあったので、
ますます目立たなくなった。



そして30代前半の今になって、
ふと白髪がほとんど見当たらなくなったことに気づいた。

別に意識的に見ていたというわけではなく、
そう言えば白髪が目立たないことに思い当たり、
鏡で注意して見てみたがやはりほとんどない。


30代になって白髪がなくなっていたというのも不思議だが、
それだけストレスが原因になっていたということだろう。

逆に言えば、
あの会社に勤めていればますます白髪が増えたことになる。

そんな実験はしたくないが・・・。



結局、どういう人生を送っているかによって
肉体も影響を受ける。

怒ってばかりいれば眉間にシワが残るし、
笑うことが多い人は目尻や口から頬にシワができる。

ストレスで胃腸を悪くすることもあるし、
実際に私も慢性的に胃に痛みを抱えていた。


そうした現象の一つとして、
私の場合には若白髪ができたいたのだと思う。

当時は予想もしなかったが、
環境を変えたら元に戻るとは思わなかった。


一度色素を定着できなくなった毛根は
元に戻らないと聞いたような気がするが、
どのようなメカニズムで回復したのかは不明。

その毛根が死に絶えただけなのかもしれないし、
他に理由があるのかもしれない。

ただ、結果として30代の今の方が白髪が少ないのは事実。



やはり仕事や生き方は選ぶべきだし、
何となく周囲に合わせる弊害は大きいと
こうした点からも感じる。

サラリーマンだった頃は月収20万しか稼げなかったし、
社長の気分で次々にリストラが行われる会社だったので
雇用も安定していなかった。


身体に変調が現れるほどの犠牲を受け入れたところで、
得られるものなんて何もない。

にも関わらず、
社会人として生きていくために耐えようとした。

今になって思えば、無意味な真面目さでしかなかった。



本当に必要だったのは違う環境に移る努力だったし、
それが私の場合は副業からスタートするということだった。

あてもなく独立はできないので、
ひとまず給料で最低限の収入を確保しながら
準備をすることに。

あの選択は間違いではなかったと今でも思う。



あのまま会社勤めを続けて30代になっても、
増えたのは白髪ぐらいだったはず。

体験価値もビジネススキルも対して向上せず、
毎日ストレスにさらされながら生きていたのは間違いない。


こうして自由の身になって、
様々な国に行きながらやりたい仕事を選べるようになれて
心から良かったと思う。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ