40代でフリーターでも意外に仕事はあるらしい


40代でフリーターをしている人から話を聞いたことがある。

名古屋に住んでいて、
基本的には日雇いの仕事をしているという。

もう50代に近づいている年齡だったので
働き口に困らないのか聞いてみたら、
意外に問題ないらしい。


というのも、仕事内容を選ばないという前提なら
生きていくのに必要な金額は稼げるため。

もちろんフリーターで40代となると
バイト先を自由に選ぶことはできないし、
むしろ採用される職種の方がまれだとは言っていた。

コンビニや居酒屋、飲食店などはまず無理だし、
工場に勤めるのもかなりハードルが高いらしい。



対人関係の仕事は若い人を採用するし、
工場等の手先の細かい作業もやはり40代になると
募集要項で除かれてしまうことが多い。

結果として日雇いの肉体労働や軽作業が中心になる。

フリーターとして楽な仕事を選んでいくことはできないものの、
まったく収入がなくなって首が回らなくもならない。

そんな状況らしい。



名古屋ということなので、
場所に恵まれている部分はもちろんあるだろう。

これが地方なら話は変わってくるのだろうし。

ただ、日本も食品の価格等は下がっているので、
そこまで収入がなくても食いつないでいけるのも事実。

結果として、40代でフリーターをやっていても
案外どうにかなっている。



生活保護の受給対象にもなりそうな気はするが、
そういった道は考えていないということ。

一度楽を覚えたら、
二度と今の道に戻れそうにないため。

今の暮らしも生きていられるというだけの話で
将来に夢があるわけでもない。

そんな状況で国からお金を受け取ってしまったら、
きっと二度と働く意欲が持てなくなってしまう。

それが怖いから考えないようにしているらしい。



ただ、今はまだ40代で体が動くからいいものの、
これが50代・60代に上がっていった時に
どこまで持つかは不安視されていた。

50代までは仕事先でも見かけるものの、
60代になると周りにもいない。

フリーターとして年を取っているわけなので、
力作業以外の仕事をあてがってもらえるわけでもない。

そうなると、体力の衰えが失業に直接結びついてしまう。

その恐怖は消えないとの話。



30代でフリーターをしている人の話も聞いたことがあるが、
おそらく40代でこのような未来に行き着くとは
予想していないだろうと思う。

漠然と不安は抱いているものの、
もはやフリーターと呼べるか分からない状態で
仕事をしている将来を思い描いてはいなかったはず。

しかも、そうした人が大量にいるということは
限られた働き口に彼らが殺到することになる。

そうなったら、今以上に倍率が上がることに。


そもそも経済が悪くなっていったら
新しい建築物なんて減少していくわけだし、
企業活動も停滞して軽作業等の需要も減っていく。

そうした未来にフリーターのままで臨むのは
かなりのリスクがあると思う。

日本という国の性質を考えると、
完全に見捨てることはないにしても
未来のない人生になる可能性は十分にあるのだろう。



これまでに受けてきた教育であったり、
社会常識では自分の人生を考えるのは就職前、
言い換えれば学生の時期ということになっている。

もちろん社会人になってからも転職は可能だが、
大きな方向性を決めるのが学生時代というのもいかがなものかと。


40代になるまでフリーターをして、
そこから人生の針路を決めるのは時間がかかりすぎとしても、
途中で生き方を変えようと思うことなんていくらでもある。

たとえば、サラリーマンから独立することにして、
自分のビジネスで生計が立てられるようになるまで
一時的にバイトをするようなことも考えられる。

そこで一時的にフリーターになったら、
もう他の仕事ができないというのは
あまりにチャレンジに対して不寛容な気がする。



40代でフリーターと言っても、たどってきた道は様々。

事情すら考慮されないというのは、
あまりにかたよりすぎなような・・・。

そもそも一部の公務員なんて
これまでの職歴がマイナスにしか働いていないのではないかと
感じるような対応しかできていなかったりする。

彼らの職を解放するだけでも、
行政サービスのレベルが上がる可能性だってある。



とは言え、フリーターでなくても40代以降になれば、
もはや再就職は難しくなっている。

その意味では、正社員だって一寸先は闇。

リストラや倒産なんて身近な話なのだから。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ