700万ページビューのサイトの運営を断ったり


ブログを書くというのは、
それだけを延々続けていくしかないような
可能性の閉ざされたものではない。

そこで培った技術・経験・ノウハウは
他の部分でも活かすことができる。


たとえば、私のところに先日入ってきた依頼。

それは月間のページビューが700万のサイトの運営を
代行してほしいというものだった。

人気サイトを買収したのはいいものの
うまくマネタイズできていないらしく、
利益折半で運営を頼まれた。


月に700万回見られているということは、
1日に20万回以上見られているサイト。

文字通り、マンモスサイトだ。

利益折半なので、通常なら喜んで飛びつく話だろう。



しかし、私は辞退した。

ページビューの割に稼ぎづらいジャンルなのが分かるので、
あえて運営をするのは旨味がない。

巨大サイトなので
メンテナンスに手もかかるし、
正直、あまり面白そうな案件でもなかった。



すでにアクセスのあるサイトだけに、
こだわらずにやってしまうのも手だろう。

巨大なアクセスがあるということは、
ちょっとした改善でも大きな成果になる。

数年前なら引き受けたかもしれないが、
今では時間単価を考えるとちょっと・・・

単純に実績作りとして引き受ける手もあるが、
そんな必要もないし。

そうなると、やはり断ることになった。



重要なのは、こうした話が入ってくるということ。

それも、苦し紛れの素人からではなく、
ネット世界で名を馳せる人物からの依頼。

ブログでの活動を続けてきたことで、
サイト運営のノウハウも蓄積されていくことが
ネット世界のプロの中でも認められているということ。



ブログを個人のお小遣い稼ぎのように考える人もいるが、
それはブログの可能性を理解していないだけ。

突き詰めていけば
こんな依頼が入ってきたりもするし、
それに舞い上がったりせずに冷静に判断できるようになる。

今回の依頼にしても、
単なるホームページ制作会社にはいかない話。

なぜなら彼らは言われた通りのホームページを作れるだけで、
お金を生み出す技術は知らないから。

むしろ、自分でブログを作り、
そこからお金を生み出すプロセスを経験している方が
この世界では重宝されたりする。

もちろん、実績やレベルにはよるが。



私も、最初にネット世界に入ってきた時には、
右も左も分からなかった。
(ブログが何かもよく分かっていなかった)

そこからのステップアップを望むのなら、
そのための発展性をブログは十分に持っている。

少なくても、毎月700万回見られているサイトの運営を
未練なく断れる程度には。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ