海外の家に住んだら生き方が変わった




これまでに、計3年間ほどフィリピンとマレーシアで暮らしてきた。

30代になって、海外の家に住む機会を得たわけでが、結局これまでそれぞれ1年ずつ、別のコンドミニアムに住んできたし、人の家に招かれたりして、コンドミニアムの最上階にあるペントハウスであるとか、あるいはプーケットの丘の上にあって、オーシャンビューの豪華な一戸建てとか、色々な物件を見てきた。

更に言うと、不動産投資もしているので、その視察のために色々な家を見てきたりもしている。

こういった海外の家を見たり、あるいは実際に住んでみたりして、だいぶ生き方が変わってきた部分がある。

まず一つ目のポイントとして、余計なものを所有しなくて済むようになったということ。

例えば、日本で引っ越しをする場合であれば、家具や家電を一通り持っていくという大きな手間がかかる。

机や椅子、テレビやコンポ、掃除機や洗濯機、冷蔵庫、ベッドや布団、それ以外にも様々な家財道具を運ばなければいけないので、引っ越しというのは一代作業になる。

しかしながら海外に移住する場合に注目なのは、基本的に家具や家電が付いている家が多く、わざわざ自分で持ち運ばなくても、向こうが用意してくれるということ。

ということは、海外の家からまた別の家に引っ越す場合には、家具や家電を購入する必要もなければ、持ち運ぶこともない。

実際私の場合、先にマレーシアに住んで、次にフィリピンに住んだが、その時の所持品というのは、手荷物で運ぶことができる範囲に圧縮した。

当然ながら服を大量に捨てたりとか、そういったことをしないと、手荷物で持ち運べる範囲内にすることはできなかったので、だいぶ大幅に持ち物を削減したが、さすがに日本で家具家電が必要であるということであれば、そういったことはできない。

東南アジアで物価が上がっているということはよく言われるし、更に言えば円安の影響で、日本円換算にした時の生活費は更に上がっているが、家具や家電を買わずに住むことができ、更に言えば引っ越しの時にも、そういったものを持ち運ぶ費用もかからないということを考えると、この点はかなり割安ということになる。

日本であれば、隣りの県に引っ越すだけでも大変だし、まして関東から九州とか、そういった国内の長距離での移動というのは、非常に大きな負担になる。

古びた家財道具を持ち運ぶぐらいだったら、いっそのこと新規で購入しても、たいして変わらないぐらいの金額がかかってしまうこともある。

こういった要素から抜け出したというのは、私が身軽で生きられるようになった上で、大きな転機となった。

その後は言えを持つのではなくて、ホテル暮らしに移行して、1年以上経っているが、スーツケースや手持ちの鞄の中だけに荷物を圧縮できるようになったのは、やはり海外の家での生活が良い経験になっている。

それがなければ、私は今でももっと多くの物に囲まれて生活していたと思うし、そうなると結局フットワークも重くなるので、次々に住む国を変えたりするようなことも、不可能だったと思う。

海外だから家が広いとは限らない

一般に日本の家というのは、狭いと思われがちだし、実際ウサギ小屋と揶揄されていたこともある。

しかしながら多くの国で、スタジオタイプと呼ばれる、ワンルームのコンドミニアムが普及していたりするという事実もある。

例えばマレーシアにおいては、家族が多かったこともあって、ツーベッドルームやスリーベッドルームというのが標準だったが、近年では首都のクアラルンプールを中心に、ワンルームのコンドミニアムの部屋も増加傾向にある。

そして新興国は、多くのエリアでこういった傾向が見られ、例えばフィリピンのマカティにおいても、スタジオタイプやワンベッドルームといった、比較的手狭な部屋というのは好まれている。

東南アジアの首都というのは、人口密集地であり、高層ビルが次々建っているが、それでも広い部屋を借りるというのは、借主としても負担だし、更に言うと投資家にとっても金額は高騰するので、購入が躊躇われるところ。

そこで、スタジオタイプという手狭な部屋が好まれ、例えば30㎡とか、そういった部屋もある。

そしてこれは何も新興国の場合だけではなくて、例えばニューヨークにおいても、スタジオタイプの部屋が人気になっているという。

これは理由が単純で、マンハッタンを中心として、ニューヨークというのはあまりにも地価が高く、不動産価格も上昇しているので、多くの人が住宅負担というのを重く感じているから。

更に言うと、ニューヨークの賃貸価格というのは、年に8%、9%上がっているというデータがあるほど継続的に上昇している。

そういったことを考えると、部屋の広さを犠牲にしてでも、家賃を下げることを考えることは当然のこと。

事実、ニューヨークではルームシェアをしている人も多いが、それであれば手狭のワンルームで、1人暮らしをしたいというニーズがあるのは容易に予想できる。

こういった理由で、必ずしも海外の家だから広いというわけではない。

しかしながら、私がマレーシアで住んでいた部屋というのは、1人暮らしであるにも関わらずスリーベッドルーム、日本風に言うと3LDKで、平米数で言っても120㎡ほどあった。

更に言えば、プールやサウナも付いていたし、ジムも途中でできた。

こういったことを考えると、やはり海外の家は、安くて広い家、更に言えば施設も充実していたりもするので、そういった点においては、とても魅力がある。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ