フィリピン・クオータビザのアニュアルレポートの手続きに変更点




とかくフィリピンの行政というのは不安定で、ころころと条件変更をする傾向にある。

そもそも、トップが変わったり、あるいは、上層部が入れ替わることによってルールが変わる国なので、そこら辺は、深く付き合っていく時に厄介になると思うし、個人的にはそういったことは御免蒙りたい。

ということで、ビザの取得においてもサポート業者に頼んだため、自分で逐一、フィリピンの役所の動向について確認する必要はなかったし、そもそも彼らは、何の予告もなしに勝手にルールを変更していたりするので、実際現場にいないと、そういったことがわからなかったりする。

私がクオータビザの取得をお願いしたサポート業者というのは、そこらへんのアフターサポートもしっかりしていて、アニュアルレポートという年間の手続きについても最新情報を届けてくれる。

以前であれば、前年に取ったビザについては、アニュアルレポートが必要な場合と不要な場合があった。

というのは、8月までに取得している場合には、翌年のクオータビザのアニュアルレポートが必要だが、8月以降に取得した場合には、次の年は不要となるというルールがあったのだが、どうやらレギュレーションが変わったようで、この8月以降の場合でも、アニュアルレポートの免除というのがなくなった。

どうやらその原因というのは、2016年から移民局の長官が新しくなったという、客観的にみると限りなくどうでもいい事情なのだが、そういったことによってルールが変わったことも、すぐに教えてくれる。

ちなみに、このアニュアルレポートというのは、その名前の通り、本来であれば1年間で出さなければならないものなのだが、実際問題としては、2年とか3年に1度出すだけで十分なので、多少の遅延金は取られるものの、わざわざ律儀に毎年1月、もしくは2月という指定された期間に、マニラの移民局本部まで行く必要はない。

そもそも、この時期の移民局本部というのは非常に混み合うので、むしろ3月以降に行って少しの遅延金を払った方が、時間を節約できてお得ということになる。

ちなみに、オンラインシステムというものもあって、ARオンラインシステムというものがすでに導入され、稼働しているようではあるのだが、実際問題として、このシステムのみで手続きが完了するかと言えばそこまでいっていないようで、せいぜい時間を短縮するといったレベルに留まっている模様。

フィリピンの銀行のレベルということを考えてみると、金融の現場ですらもオンラインのシステムが非常に残念なことになっていて、ネットバンキングが大手銀行であっても非常に使い辛い、というよりもほとんど使い物にならない。

そういったことを考えると、このARオンラインシステムというものも、現場に実装されて、本当の意味で役に立つまでは、まだあと2、3年かかるのかもしれない。

しかしながら、毎年わざわざフィリピンのマニラに行かなければならないという手間が省けるのであれば、それにこしたことはなく、今後の進展には期待したいところ。

それ以外でも、前年分のアニュアルレポートの申請書のレシートがあるのであれば、それを持って行った方がよりスムーズに手続きが完了することや、用紙に指定するビザタイプの種類、ACRIカードのナンバーの見分け方、アドレス欄の記入の仕方などもアフターサポートの中でフォローされていて、これらは非常に助かる点。

1年に1回のこととはいえ、新しくレギュレーションが変わっている部分もあるので、そういったところを教えてもらえるのはありがたいし、頻繁に行う手続きでもないので、前の年に行っていても忘れてしまっている部分は多々ある。

そういった意味で、やはりアフターフォローが手厚いというのは、ビザ業者を選ぶ時に非常に重要な項目であることを改めて実感している。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ