海外移住先にアジアを選ぶメリットとデメリット




この4年半ほどフィリピンやマレーシアを中心に、アジアに住んできた。

海外移住をして、3年間定住をした後で、1年半の非定住生活、つまり各国を回ってのホテル暮らしをして、最近は再びフィリピンに戻り、今度はマニラではなくセブに住み始めた。

日本を出てから数ヶ月単位で、ヨーロッパや北米、オセアニア等に行くことはあっても、腰を据えて住んだことがあるのは、フィリピンとマレーシアだけ。

それ以外の国を見ても、特に通算滞在日数が多いのはタイで、これまでに滞在した日数を合計すると、1年近くになるのではないかと思う。

タイについては、ビザを持っていないので、無期限で勝手に住み付くわけにはいかないが、フィリピンやマレーシアには、それぞれ永住権とリタイアメントビザを取ったので、いつでも住みたい時に住むことができる。

非定住生活をしている時でも、このような条件が整っていたので、アジアにいるかいないかは別として、日本の他に、フィリピンとマレーシアというビザの上でも、移住する条件が整った国を確保できていることになる。

今後も東南アジアが私の拠点として、重要な意味を持っているが、その理由についてここではお話ししたいと思う。


ビザの取りやすさ

日本人は元々海外移住について、強い思考を持っているわけではなくて、メインターゲットというのは、留学生とか駐在員、あるいは現地就労等の会社員であって、リタイアメント層も話題にもなっているが、そこまで数が多いわけではない。

そうなってきた場合に、多くの日本人が集中して移住している国というのは、それだけ情報が整備されていたり、ビザ業者も日本人向けに営業していたりするので、現実面で見た時に、海外移住をしやすいということになる。

特にアジアの中であれば、タイやフィリピン、マレーシアといった国が人気だし、それ以外にも富裕層であれば、シンガポールや香港がある。

これ以外にもベトナムやカンボジア、インドネシアといった国もそれなりに人気があるし、台湾も日本からの距離が近く、親日的だと知られている。

そして、シンガポールのような既に先進国レベルの金融立国は別として、多くの東南アジアの国であれば、まだまだビザが取りやすいので、リタイアメント層にしても、あるいは現地で働くにしても、リタイアメントビザやビジネスビザを取りやすい。

ビザが取れなければ、住み付くということは事実上できないので、この点は本気で海外移住を考えるようになった段階で、最も重要な鍵となる。

移住先の希望として、カナダやオーストラリア等を上げる人も多いが、そのビザの条件を調べて断念する人が大部分。

現地で就労しても、物価が高いので、賃金がそこまで安くなくても、結局カツカツの生活になることも珍しくなく、かと言って、投資ビザ等を取るには、少なくとも億単位の資産がなければ話しにならない。

日本人だからといって、オーストラリアやカナダ、あるいはその他の先進国に簡単に移住できるわけではなく、現実的な選択肢として、アジアに回帰するというのは、本気で条件を調べ始めた人の多くが辿る道。


文化圏や親日度の問題

中国や韓国の一部の国民はともかくとして、それ以外のアジア圏であれば、基本的にはほとんどの国が親日なので、そういった意味で言うと、日本人としては肩身の狭い思いをせずに、暮らしていくことができる。

実際問題として、欧米の白人の文化の中では、日本人、もしくは黄色人種というのは、マイノリティであり、そういった意味低く見られているというのは、現実として肌身で感じる。

特に最近は、中国人のマナーの悪さというのが、世界的に取り沙汰されており、見た目が似ている日本人は、そういった意味で嫌な思いをすることもある。

例えば、カナダの有名なナイアガラの滝のすぐ近くで、チャイナを意味すると思われるチイナと若者の集団に叫ばれたことがある。

こういった体験というのは、カナダに限ったことではなくて、ヨーロッパ等でも経験したし、それだけ文化的な摩擦が発生していることがわかる。

その点アジアの中であれば、日本人であることが、マイナスに働くということはあまりないので、精神的に随分と開放感がある。


英語圏ではないことのメリット

私は、フィリピンの公用語であるタガログ語も、マレーシアの公用語であるマレー語も全く使えないし、使おうと思ったこともない。

フィリピンはアジアの中では英語がよく通じる国として知られるが、マレーシアはそんなこともない。

しかしながら外国人向けのビジネスをしている人、例えば不動産業者であったりとか、ホテルのレセプション等であれば、英語は当然のこととして通じるし、カタコトの英語が使えれば、海外移住をしても生活をするのに困ることはなかった。

そして、非英語圏であるために、お互いがネイティブスピーカーではないということを認識しているし、気後れをせずに話すことができる。

一方がネイティブで、もう一方がそうではないということになると、会話が通じない場合に一方のみが責任を負う形になる。

これはかなりのプレッシャーだし、当然ながら日本人は、基本的に非ネイティブスピーカーなわけなので、かなりの重圧にさらされることになる。

しかしアジア圏なら、お互いさまというところがあるので、分かりやすく言い換えたりとか、何度か聞き直したりしても、それほど恥ずかしくもなければ、プレシャーに感じることもない。

そういった意味で言うと、意外にもイギリスやアメリカのような、完全な英語の国よりも、言語の上で気分が楽な部分もあったりする。


物価はアジアだから安いとは言えない

ここまではアジアを海外移住先として、選ぶ場合のメリットとを中心に語ってきたが、物価については、かなり事情が変わってきている。

東南アジアの新興国と言えば、物価が安いということで知られているし、中国についても同様。

しかしながら、これらの国の物価が上がっていることと、円安になって為替の問題で相対的に日本円が下がっている為、海外で生活をしていて、アジアであれば物価が安いという感じはしなくなった。

更に、日本との比較だけではなく、例えばヨーロッパの中でも、物価の安いチェコやポーランド、ハンガリー、ブルガリア、ルーマニアといった国と比べた場合に、同じ質の物がフィリピンやタイの方が安いのかと言われると、必ずしもそうではない。

これは食料品について、特に顕著に言えることで、農作物については、むしろヨーロッパの方が安かったりするし、ホテル代やコンドミニアムを借りた場合の家賃についても、同様のことが言える。

多くのアジアの国の場合、外国人が住むような住宅というのは、ローカル向けに供給されている住宅とは、明らかに一線を隠したものになり、それなりの家賃がする。

そういったことを考えると、東欧であったりとか、比較的物価の安いポルトガルやギリシャ等に移住したとしても、同じぐらいの生活コストで住むということがあり、この点については、イメージと少々異なるところなので、気を付けておく必要がある。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ