オーストラリアに移住する人にお勧めの持ち物


※以下は海外移住者の読者さんからの投稿

オーストラリアで移住する際に持っていくと便利な持ち物という事なのですが、オーストラリアは比較的日本人の多い国で、大きな街には日本の物が売っている場所とか、日本の衣料が売っている場所とか、そういうものが結構充実しているので、日本の調味料なんかもそこで手に入るかと思います。

ただ皆が口をそろえて言うのは、海外のトイレというのは冷たいです。

日本みたいにカバーがあったりとか、暖かくなっていたりしないので、かなり冷たいので、持っていくと便利なのはトイレカバーかと思います。

あまりU字は無くて、O字がほとんどなので、O字のカバーを持っていくとよかったという話もよく聞くのですが、どうしても必要なものではないので、スペースがあるなら、持っていってみようかなくらいに考えておいたらどうでしょうか。

便利なものではなくて、オーストラリアに持って行ってはいけないものの話なのですけれども、オーストラリアは持っていくのに制限があるものが非常に多いです。

例えば代表的なものでいうと、マヨネーズなんかはオーストラリアに持って行く事ができません。

カレーのルーなんかも持って行く事ができないので、日本のカレーが恋しかった場合は現地で買う事になるので、その辺は気を付けてください。

後は便利なものと言ったら、電子辞書が便利かと思います。

語学学校に入る場合や、ちょっとした時なんかも、さっと辞書が引けるので、本になっている辞書ではなくて電子辞書を持って行くと良いかと思います。

できれば米も

オーストラリアに行く際に持って行った方がいいものなのですけれども、長く海外に暮らす、オーストラリアに暮らす時に、日本人が一番恋しいと思うのは美味しいご飯ではないかと思います。

オーストラリアのスーパーでも日本米に似たようなお米は売っているのですけれども、炊飯器が非常に手に入れるのが難しいです。

スーパーとか簡単なショッピングセンターとかに行くと炊飯器は売っているのですが、その炊飯器の質はとても悪くて、保温機能が付いていても、30分くらい保温していると、上の方がぱさぱさで下の方がべちゃべちゃでみたいな感じの状態のお米になります。

すぐにラップをして冷蔵庫ないし冷凍庫に入れるか、いい炊飯器を日本から持っていく事をお勧めします。

ただ電圧が違うので、日本から炊飯器を持っていく場合は変圧器も持っていかなければなりません。

しかも炊飯器は1000ワット対応の変圧器でないと使えないと思うので、いい炊飯器を持っていく場合は高い、いい変圧器も、1000ワット対応の変圧器も一緒に持っていかないといけないと思います。

キッチン用品ですと、炊飯器の他に電気で使えるものとか、そういうのを日本から持っていきたいと思うと、変圧器があると便利だと思うので、もしもキッチン用品と一緒にオーストラリアに引っ越しを考えている場合は、変圧器をぜひ持って行ってください。

アジアンマーケットとかでも炊飯器は売っているのですけれど、やはり日本のいい炊飯器に比べると、性能が落ちたりとか、保温機能があまり充実していないかと思います。

現地で炊飯器を買ってもいいのですけれども、美味しいお米にこだわっている方とかは、日本から炊飯器を持っていく事を検討してみてはいかがでしょうか。


ページの先頭へ