オーストラリアで文明が発展しなかった理由




現在はメルボルンに来ているが、この都市というのは今では非常に物価も高く、景気もいい雰囲気が漂っている。

実際に町を歩いている人達を見ると、裕福そうだし、文化レベルも非常に高い。

しかしながら、歴史的に見てみると、オーストラリアというのは非常に不毛の地で、5大陸のうちで最も文明が発達せず、人口も増えなかった地域とされている。

それが変わったのは、ヨーロッパ人が移民としてやってきてからで、それまでの間というのは、オーストラリアの人口というのは、数十万人規模だったと言われている。

これだけ広大な土地に、それだけの人しか住んでいなかったというのは驚きだが、これには理由がある。

まず、オーストラリアの土地というのは、基本的に平坦で、一見すると人が住むのには良さそうではあるものの、逆に言うと、多様性がない。

当然ながら作物が育つ環境というのは、それぞれの作物ごとに適正というものがあるが、高地も低地もあまりない平地ばかりだと、そういった植物が生きていく上での多様性というのが欠けてしまう。

更に言うと、オーストラリアの大部分の土地というのは非常に土地の質が悪く、作物を作る上で、痩せてしまっているという問題がある。

更に言うと、元々その場で家畜ができるような動物がいなかった為に、農業であるとか、あるいは運搬等にも力を借りることができなかった。

そして1年ごとに季節が定期的に巡ってくるわけではなくて、非常に不安定に天気が変わっていくために、数年ごとに大きな変化があるという。

これが、今であればある程度予測できたとしても、かつての時代というのは、天気予報もないわけなので、当然ながらうまく天候に対処することができない。

こういったことがあったので、オーストラリアというのは、人間が住む上では非常に厳しい環境だった。

ユーラシア大陸のように、すぐ近くから技術や農作物の種が、伝播してくるような状態でもなく、海を挟んで、周囲と孤立化してしまっているので、 そういった問題もある。

パプアニューギニア等の一部の島であれば、船で行けない距離ではないが、そもそもオーストラリアの人口密度自体が非常に低かったので、単純に海の距離だけが障壁となるわけではなくて、オーストラリア大陸そのものが※となってしまうような部分がある。

こういったこともあったので、いつまでも石器時代を抜けることができず、金属を使うようなこともなかった。

今で言えば、オーストラリアというのは、非常に鉱物資源というのが豊富な国として知られているのに対して、それまでアボリジニーの時代には、そういった資源をうまく有効活用することができなかったという。

こういったこともあったので、オーストラリアでの文明の発展というのは非常に遅れ、ヨーロッパ人がやってくるまでの間は、他の大陸に比べて著しく文明が進んでいない場所として認知されていた。

逆に言えば、ヨーロッパ人の移植が始まってから、一気に発展したのは、それまでのユーラシア大陸での積み重ねがあったからということができる。

そしてその後、持ち込まれた農作物や、技術によって著しい発展を遂げ、今ではかつての面影すら残していないぐらいの成長を遂げたということになる。

こういった歴史であるとか、文化人類学的な検知から見てみると、またオーストラリアの違った一面が見れて面白い。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ