オーストラリアの治安状況を主要3都市で現地調査


今後の移住の可能性も視野に入れつつ、
オーストラリアの治安や生活環境、物価等を調べてきた。

最初にケアンズに飛び、
そこからシドニー、メルボルンと3つの都市を回る形で。

視察を終了すると、
今度はクアラルンプールを経由してジャカルタへ。

珍しく長距離移動をこなす日々となった。



それはそうと、
オーストラリアの治安状況について。

それぞれの街によって事情が異なるので、
まずはケアンズから。

こちらは観光客を相手にのどかに暮らしている感じがしたが、
中心部からちょっと離れただけで人通りが激減。

車以外がろくに通らなくなる。


そういった場所で狙われることがあるという話を聞いた。

観光客を狙う手口としては、
妥当なところだろう。


また、家にいても強盗が入ることもあるらしい。



基本的には平和そうな雰囲気だし、
治安が悪いわけではないと思う。

ただ、アボリジニーらしい人が
夜にあまり人気のない道で10人ほど集まり、
無言で道端に座り込んでいたり、
不穏な空気がなかったわけでもない。

観光客として観光地に行っていると、
ケアンズはホスピタリティを感じる街だったが、
そこから外れている人たちがいるのも当然事実。

そうした人達が遊びに来ている観光客に敵意を持っても、
何の不自然さもないだろう。

職もない人の前で、気楽そうに遊んでいるのだから。



続いてはシドニー。

こちらはいたって治安は良さそうだった。

オーストラリアの中でも大きな都市であり、
夜中でも人通りは多い。

夜10時頃にハイドパークを歩いていたら、
同じ動物を見ていたおばさんが気楽に話しかけてくるほど。

さすがに治安の悪い街なら、
向こうも無言で足早に去っていくところだろう。


シドニーは危険な兆候というものが特になかった。

夜も歩き回っていたが、
別に不安を感じるようなこともない。

むしろ地図を見ていると、
助けが必要かと声をかけてくれる人も多い。


大きな公園がいくつもあって自然も豊かだし、
今後移住してみたい街の1つになった。



最後はメルボルンだが、
こちらは大声を出している男を何人か見かけた。

まったく別の場所での話なので、
たまたまそういう集団に遭遇したわけではない。


よく通る声の持ち主が多かったこともあり、
何事かと思ったが悪ふざけだったらしい。

特に治安が悪いというほどではないが、
あまり気持ちのいいものではなかった。

メルボルンは街の規模も小さく、
シドニー程の魅力は感じられなかった。



総合的に見ても、
オーストラリアの治安状況は世界の中でもいい方。

ただし、日本に比べれば悪いし、
他に考えておかなくてはいけないこともある。

それは体格差で、
実際に現地に来るといかに日本人と体付きが違うのか、
まざまざと思い知らされる。

同じ暴行事件であっても、
あの筋骨隆々のたくましい体の持ち主が加害者なのと、
日本人の中でも中肉中背の人とでは意味が違う。

世界的に見ると日本人の体は小さいので、
この点はどうしても不利になる。

トラブルの火種が起こった時、
肩身の狭い思いをすることは覚悟しておく必要があるだろう。



メルボルンからジャカルタに来て、
やはりオーストラリアは治安が良かったと感じる。

こちらでは空港を出た途端、
タクシー会社の名前を出しながら公然と
一般人が呼び込みをしている。

これは今に始まったことではなく、
2年前にも同じ光景を目にした。


こうした無法地帯のような状態を
オーストラリアでは見なかった。

交通も整備されているので、
ジャカルタのように歩道をバイクが頻繁に走ったりもしていない。


やはり新興国とは違う落ち着いた環境であることを
現地に行ってみて改めて感じた。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ