ウィーン等主要4都市を周ってオーストリアの治安を肌で感じると




オーストリアは治安が良く、
いかにも文化的で知的水準が高く、
安全な国というイメージがあるように思う。

しかし、実際にそうなのかと言えば、
現地を周った限りでは疑問に思うことが多々あった。

私が現地を訪れたのは、
ウィーン、グラーツ、ザルツブルグ、
インスブルックの4つの主要都市に加え、
バートイシュルとハルシュタットにも足を運んだ。

その上で日本人が旅をする国として考えた時の、
オーストリアの治安についてまとめておこうと思う。



まず、今回はミュンヘンからインスブルックに入った。

隣国ドイツと比べると移民の数も少なく、
日が暮れた後も危険な雰囲気が街を支配することはない。

その意味では、
やはりドイツと比較してオーストリアはのどかな印象がある。

ミュンヘンやフランクフルトを連想すると、
その差ははっきりしている。

これはインスブルックに特有の事情ではなく、
ザルツブルグやグラーツでも言えること。

隣接している国とは言え、
やはり移民が大量流入してきたドイツとは事情が違う。


しかし、最初の違和感は英語が通じないことだった。

もちろんホテルのレセプションは問題ないが、
観光施設でも英語の表記がなかったり、
ドイツ語しか話せない人が少なからずいたり。

これではスペインやイタリアとあまり変わらないのでは?

そんなところからイメージとのギャップに気付き、
徐々にオーストリアという国の実態を観察することになった。

元々英語圏ではないし、
言葉の問題は単純に語学力という他に、
文化的な背景を内包している可能性もある。

フランス人がフランス語にプライドを持っているように。

オーストリア人もドイツ語に
並々ならぬこだわりがあるのかもしれない。



なにしろ文化と芸術の都、ウィーンを首都に擁する国なのだから、
知的水準はいかにも高そうな雰囲気がある。

しかし、ドイツ並みに路上喫煙率が高く、
街頭はしばしばタバコ臭い。

歩きタバコも多い。

これはドイツ文化圏の特徴で、
ミュンヘンはもちろんそうだし、
チェコのプラハも同様の傾向にある。


ドイツからオーストリアに移動しても、
街中のタバコ臭さは変わらなかった。

そして、ザルツブルグの中央駅の前にあるにいたっては、
バスターミナル(短距離・長距離兼用)
2つしかない券売機の隣に
わざわざ吸殻入れが設置されている無神経ぶり。

当然吸殻入れのところに喫煙する人がいると、
チケットを買っている間も煙にさらされる。

広々としたスペースの中で、
あえてこの配置にする配慮のなさはあっけにとられる。

ヨーロッパ内での話というより、
いわゆる東南アジアと呼ばれるタイやシンガポールと比べても
後進的な立場と言わざるをえないだろう。



オーストリアにおけるJRのような立ち位置の会社OBBは
インスブルックからザルツブルグに行く際、
バートイシュルからハルシュタットを訪れた等、
長距離移動で何度か使った。

しかし、そのたびに悩まされるローカルルールがあった。

通常、ヨーロッパの鉄道はどこも
チケットを購入すればそのまま使える。

バーコードリーダーが付いていたり、
英数字の番号があったりと仕様は多少違うが、
送られてくるPDF等のファイルを持っていけば
乗車できる仕組み。

しかし、オーストリアは違うらしい。

PDFはメールで送られてくるが、
それはチケットではないという。

そのファイルを元に何かの作業をしなければいけないらしいが、
購入後に送られてくるメールはドイツ語で読めないし、
チケットナンバーまで記載されているため、
当然それを提示すればいいものだと思っていた。

仕方ないので2度目は駅で聞いたら、
「これは自分の仕事ではない」と露骨に嫌がられた。

オーストリアはドイツ語圏の中で
鎖国でもしたいのかと思ってしまった。


結局、それ以降はネット予約ではなく、
当日に駅でチケットを購入することにした。

移動予定の日にチケットを確保できる保証がないことは
唯一の難点ではあったが・・・。



少々話はそれてしまったが、
オーストリアは安全な国なのか?

この点については、
周囲の国々と比べて特に危険を感じることはなかった。

ミュンヘンで見たような、
街中で大声を出しながら歩く男もいなかった。

アルプスの絶景に囲まれたインスブルックでも
一部エリアは落書きがひどかったりもしたが、
これはどの国でも見かける光景なので
ことさらに治安の悪化を懸念することでもない。


結果として感じたのは、
オーストリアは治安は良い国で、
ただし利便性は高いとは言えないということ。

スーパーは大手チェーンでも夜7時には閉まったりするし、
時間が近づくと買い物中の客を店から平気で追い出す。

日曜はもちろんスーパーもやっていないし、
そもそもコンビニはないので水も買えない。

このあたりの事情はヨーロッパの慣習的な部分だが、
近年では緩和される傾向にある。


たとえば、オーストリアよりも
マイナーな国という扱いのクロアチアの
ポレッチというアドリア海沿いの小さな町がある。

ここでも3つのスーパーのうち、
市内中心部のMarketは通常営業、
KONZUMは1店舗が午後3時まで営業で
日曜日に終日閉まっているのは1つだけ。

クロアチアの小さな町でもこうなっているのに、
ザルツブルグの中心部でも
日曜日は水を買うのも困ってしまう。



そして、ホテルでもレストランでも接客は雑。

あるドイツ通の人の話では、
オーストリアを含むドイツ文化圏の場合、
そもそも接客が社会的地位の低い仕事のため、
優秀な人を雇えないというのも理由らしい。

そんなわけで、治安がよくて危険は少なくても、
不快なことはしばしばあった。

引き継がれてきた文化遺産には眼を見張るものがあるし、
アルプスやハルシュタット湖のような
雄大な自然にも恵まれている国だが、
長居したいとは思えない国でもある。

実際、今回はヨーロッパ88日を自由に、
入国と出国の航空券だけを取ってやって来たが、
オーストリアは足早に観光して
次の国であるスロベニアに移った。

ゆっくり滞在したい国もあれば、
ポイントだけ押さえたら立ち去りたい国もある。

残念なことに、
オーストリアは後者の性質が強かった。

とは言え、観光先としては魅力が大きいので、
単なる旅行先としてなら価値が大きいのだが。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ