マニラの銀座梅林でカツ丼を食べてみた


フィリピン、マニラの銀座梅林に初めて行ってきた。

グロリエッタというショッピングモールの外側、
ワタミやJCOカフェの並びにその店はあった。

やや見つけづらい位置にあったので、
ひょっとしてもう店を閉めたのかと思っていた。



梅林に来たのはフィリピン歴17年のホセの勧めで、
かつ丼が美味しいと聞いたから。

ワタミ近くと聞いて、隣が新しそうな中華料理屋だったので、
すでに店が変わってしまったのかと思って、
近くの山頭火に行くところだった。



そんなわけでマニラに来て初めて銀座梅林に入ってみた。

落ち着いた雰囲気の店内は
フィリピンの日本料理屋の中でもかなりデザインに気が配られている。




カツ丼や串かつも美味しそうだったものの、
せっかくなのでホセお勧めのカツ丼を注文。



卵が目玉焼きのように白身と黄身が
別れた状態で出てきたのが見た目では印象的だった。

味は甘めで優しい感じ。

同じくマニラのグリーンベルトにあるTONKATSUのかつ丼と比べても、
甘辛くしてある感じがした。



ハロウィン後の休日、オールセインツデイの翌日の土曜だからか、
わざわざシェフが席を周って挨拶をしてまわるという
マニラでは珍しい光景も。

ちなみに、シェフは日本人だった。

ランチタイムなので平日はやっていないのではないかと思うが、
正確なことはわからない。



ちなみに、梅林の料理を撮ってTwitterかフェイスブックに投稿し、
その場で投稿を見せるとアイスがもらえるという
キャンペーンをやっていた。

パソコンも持って行ってなかったし、
iphoneで投稿するのも面倒なのでやらなかったが、
興味のある方はその場で投稿してみるといいのではないかと。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ