バイリンガルとは意味があるのか?意外な落とし穴とは?


厳密な意味でのバイリンガルとは2か国語を母国語レベルで
使いこなすことが出来る人ということになる。

つまり、多くの日本人のように中学等で英語を勉強し始め、
その後にいくら努力しても基本的にこの定義に該当しない。


学術論文ではないので厳密な定義にこだわるのは意味がないし、
ここでは幼児教育として2か国語を習得した人という程度の意味で
バイリンガルという言葉を使っていこうと思う。

日本で言えば、バイリンガルや帰国子女とは特殊な存在で、
良くも悪くも目立ってしまう。

実際、帰国子女といえばオーバーリアクションとか、
ツンケンして和を乱すとか、
何かしらのステレオタイプなイメージがあるはず。



ただ、日本から出てみて分かったのは、
国によっては二ヶ国語を話せるのはごく普通のこと。

たとえばフィリピンはタガログ語(島によっては別の言葉)と
英語が話せる人が多い。

アジアでもトップクラスの英語力を持つ国なので。


マレーシアでも中華系住民はマレー語と中国語を使う。


彼らは特別に優秀なわけでもなく、
英才教育を受けたわけでもない。

バイリンガルになることが普通の環境で育っただけ。

その程度のことでしかない。



そして、彼らの平均所得を考えた時、
バイリンガルとは本当に意味があるものだろうかと
疑問に感じることがある。

たとえばフィリピン人は英語ができても
月収5万円もいかなかったりする。

日本人とフィリピン人では働く環境が違うので、
もちろん一概に比べることはできないし、
そもそも比較に意味がないと思うかもしれない。


ただ、国際的に見たバイリンガルの価値が
この程度しかないというのも事実。



二ヶ国語を話せるから優秀なのではなく、
ただ普通なだけと考えてみると
必死に教育するモチベーションは失われてしまうかもしれない。

たとえば子供を幼児期から留学させたり、
親子で教育移住をするのは簡単なことではない。

実際、私の友人でもマレーシアに母子留学をしている人がいるが、
決して簡単に行えているわけではない。


その対価として得られるものが
せいぜい給料が月に2,3万上乗せされるだけとか、
下手したらその程度の価値もないとすれば
バイリンガルを目指す意味とは何だろうと思ってしまう。



経済が停滞し、
それどころか長い目で見ると衰退する日本を出て、
国際的に活躍できる人材に我が子を育てたいなら
海外経験を積ませることや語学を習得させるのは有益。

それがないとスタートラインに立つのも難しいので。


ただ、バイリンガルになっただけでは、
他の国の人間とも競争することになるのも事実。

アメリカ人やヨーロッパ人ばかりではなく、
圧倒的に人件費が安いアジアや南米の人とも競合する。

ちょっと二ヶ国語を使える程度なら、
その競争の中で生き残るのは容易ではない。



バイリンガルどころか、トリリンガルの人も
海外ではよく見かける。

たとえばマレーシアとフィリピンで
それぞれ永住ビザを申請した時には、
サポートしてもらった会社の人には
そうした語学堪能な人がどちらにもいた。

マレーシアならマレー語・英語・日本語を話せ、
フィリピン人ならタガログ語・英語・日本語を話せる。

それでも彼らの収入は日本人の新卒の給料より低い。



むやみに海外に出て働いたところで、
こういう優秀で安い人件費で喜んで働いてくれる人と
戦っていかなくてはならなくなる。

結局、バイリンガルになってもゴールではなく、
まだまだスタートにすぎない。

事実、使いものにならない帰国子女の話なんて
耳にすることはいくらでもあるはず。


必死に教育環境を整えても、
ある意味でその程度の効果しかないのかもしれない。

それでもより良い教育をしたいと思うなら、
たしかに日本で学校に通わせることに不安な点はあるし、
海外に出すことも1つの方法なのは事実。

ただ、バイリンガルとは成功が約束されているものと
誤解してしまっているのなら考えなおした方がいいかと。


日本を出てしまえば、そんな人はゴロゴロいるので。

そして、海外生活をしていく上では母国語並みに
流暢な英語を話せる必要もないし、
(実際に私は片言だけ)
ビジネスをする際もたどたどしいビジネス英語だけで
実は渡り合えたりする。

むしろ変に言語だけうまい人よりも、
ビジネスに強いひとの方が海外でも重宝されるのが現実。

その点はどの国でも変わらない。



言語が話せることの先の世界


仮に15ヶ国語を話せる人がいたとしても、
おそらくいくつかの言語は役に立っていないのではないかと
素朴な感覚として思う人が多いだろう。

これは2カ国語の場合にも言えること。

バイリンガルになっただけでは、
将来の安定も成功も幸せも確定しない。

ただ、意思を伝達する手段を得ただけ。

もちろん、母語しか話せないよりも可能性は広がる。

しかし、過剰な期待も考えもの。

特に大人になってから外国語を学習する場合、
戦略的に計画を練らないと
役に立たない資格試験の勉強のようになってしまう。

中途半端に語学力だけあっても、
役に立つスキルがなければ単純労働力にしかならない。

そして世界的に見て、
単純労働力は現在でも買い叩かれているし、
ロボットや人工知能に置き換えられる方向性で世界は動いている。


また、中国で生活したいわけでもないのに、
中国語ができるという理由で海外転勤を余儀なくされた人も。

インドや中国のような大きなマーケットは
経済的に見ればたしかに魅力的。

しかし、そこで暮らしたいかどうかと問われれば、
人によって答えはまちまちだろう。

余計な強みを持ったために、
住みたくもない国への移住を強制されては
笑うに笑えない。



子供の教育を考える場合には、
大人のように戦略をしっかり立てることは不可能なので、
ある程度活動の幅を広げるために
無駄になる可能性も受け入れつつ
バイリンガルとして育てるのはありだろう。

ただし、母語の能力がしっかり育たないと、
思考力や論理を司る力まで巻き添えで伸びず、
浅い思考しかできなくなるリスクもある。

幼い頃から複数の言語を習得させるのは、
メリットもあるがリスクもあるため、
そのことはあらかじめ把握しておくことをお勧めする。


友人夫妻は息子をトリリンガルに育てたが、
使わない言語があると忘れていってしまうため、
中国語のメンテナンスのために香港に行ったりしている。

覚えたら終了ということではなく、
その後も使い続けることが必要なので、
環境が変わると覚えたものが抜け落ちる可能性についても
検討材料の1つに加えておいた方がいいだろう。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ