バンコク移住で不便なこと・困ったこと



バンコクに移住した方に話を聞くことができたので、情報をシェアしておくことにした。

私自身、タイには頻繁に訪れているし、生活環境の良さは確認済み。

今後は生活拠点にすることも想定している。

それだけに興味深い話を聞くことができた。


ということで、以下はその時の書き起こし。

次にバンコク移住で不便なこと困ったことということなのですが、やはり病院ですね。言葉が通じないことによって病気の説明が出来ないというのが困ったことの一つですね。

特に治療法が全く違うというところで熱い国というのは例えば熱が出た時に日本だと一生懸命暖めると思うのですが相当高熱の時は頭だけを冷やしたり脇の下を氷を当てたりということもあるのですがタイですと部屋中クーラーできんきんに冷やして毛布も与えられずもの凄い寒い中で体温も一緒に下げていくというようなちょっと理解のし難い熱の下げ方がありましてそれはそれでタイの人達は慣れているから良いのですが日本人としてはやはりそういったことをされると寒くて寒くて余計に病気になってしまうということもあります。

それから食事が違いますので日本人ですと病気の時にあっさりしたものを食べたくなると思うんですけれどもタイの方だと逆に香辛料ですとか辛い刺激の強い物を食べて元気を出そうというような傾向にありまして1番病気で食べたくないような物を食べなければならないというようなことになりました。

そのように電話が高い国ですのでセカンドハンド、誰かの中古というのが割とよく売られています。

そういったアメリカとタイとトルコ、ヨーロッパのフランスで歯医者さんにかかったことがあるのですがどこに行っても昔日本で治療した歯の治療の良さを褒められます。

治療の知己にそういった言葉を掛けられると凄く不安にはなるのですがやっぱりタイで治療して頂いた詰め物もすぐ取れましたし、まずすぐ抜こうとしますのでその辺は日本の歯医者さんの腕が良すぎるというところで外国では諦めてそれ以下の治療しか受けられないというところで諦めてしまうしかないと思います。

歯医者の場合は歯を見せてここが痛い、というそれしか方法がありませんのでその手段を取っておりました。

あとタイ語はある程度話せるようになったのですがタイ文字というのが習得出来ませんで、一度習ってはみたのですが、例えばタイ文字をどこで使うかというとバスの乗り場でですね、バスが来たときに何行きかを見分ける、それがバスが停まる2秒3秒でその長いタイ文字が読めるかというとなかなかそこまで追いつきませんで結局最後まで、3年間居ましたがバスに乗る事は出来ませんでした。

バスも行き先は同じであっても、経路が違ったりしますのでなかなか乗りこなすことが出来なくて番号も付いているんですけどもなかなか行きたい所には行けなかったのでバスも乗りこなせませんでしたのでそうですね、電車とタクシーで生活しておりました。

タクシーもやはり言葉が話せないとまずぼられるというのが基本で、言葉と道ですね、道を知らないと遠回りをされてしまいます。

あとは渋滞にはまった時に降ろされてしまったりですね、目的地に着く前に降ろされて帰られてしまったりとかそういったトラブルはよくありました。


バンコクでの部屋探しの方法

プロンポン駅近くのコンド
バンコク移住での部屋探しの方法ということですが、これはお金のありなしでこちらのほうも変わってくるのですが、お金に余裕がある場合は現地の不動産会社に頼んで良いところを紹介してもらう、といういことになるかと思います。

でも現地の不動産会社にお願いするとやはり家賃が高いところを紹介されるかと思います。

ただ高いといっても普通に日本の東京で住むようなところは紹介してもらえると思いますので、まぁ上を見るとキリがないと思いますので一番したでもそれくらいの程度まで下げられるかと思います。

それ以下のもっと安いところに住みたいという場合はタイ人に紹介してもらうか口づてで紹介してもらうかもしくは私は自分の足で探してあるきました。

まず自分が住みたい区域を決めまして、例えばシーロムというエリアがあるのですがシーロムのエリアを歩き回りましてアパートらしきものを探します。

そして中に入りましてタイ人に今空いている部屋はありますか?と聞きまして値段交渉それから設備ですね、台所があるかとかないかとかシャワーはどうかとか空調はどうかとかそういったことを確認して両方の合意が得られればいつでも好きな時から住むことが出来ます。

そういったときに観光ビザだと受け付けてくれない大家さんもいますのでもし友達、知り合いのタイ人が居ればその方の名前を借りるかもしくは数ヵ月後に労働ビザが取れるのでという交渉をするかもしくは1、2、3ヶ月位の家賃を前払いをするか、と色々な交渉の仕方があります。

不動産会社で頼んだ場合はそういったことも全てしてくれますので何も問題はないのですが不動産会社さんにはもちろんコミッションも払いますのでそれなりのお値段になると思います。

ちなみに私が自分の足で探して歩いたときは駅にすると4駅くらい歩いたのですが、自分の目で部屋を見れますし何か交渉事も自分で出来ますのでそちらの探し方を私はオススメします。

タイに知り合いがおおければその方に良いお部屋を探していただくという方法もありますのでそちらのほうもオススメします。


タイ在住のメリット

BTSプルンチット駅直結のモール
バンコク移住してのメリットなんですが、こちらのほうはやはり物価の安さがあげられるかと思います。

じゃあバンコクで仕事をしてバンコクで生活したら同じなんじゃないかと思うかもしれませんが、バンコクの日本企業で働いた場合にタイ人よりも、もちろん人によって違うのですがタイ人よりも一般的には良いお給料がいただけます。

お給料が良くて物価が安いということなのでそういった差額が出ますので貯金をしたり良い物を買ったりという生活は出来るかと思います。

一年中夏の国なので衣類にお金がかからないということもあります。

それからバンコクは都市なのですが海からも凄く近く、4時間くらいでもの凄く綺麗な海に行けます。

2時間くらいでちょっと綺麗な海、まぁ日本の千葉県くらいのイメージなんですがそれでも沢山島がありまして綺麗な海にすぐいけることが出来ます。

あとはバンコクは外国といっても日本人がとても多い町なので知り合いや友達に困らなく寂しい生活をしなくても良いかなというところもあります。

タイに行ったらタイ人ともお友達になりたいと思う方も居るかと思いますが、やはり日本語で気兼ねなく話せたりとか相談が出来る友達が居たほうが良いかなと思います。

私も他の都市色々回りましたけれどもやはり日本人の知り合いがあまり作れなくて寂しい思いをした都市もありますのでバンコクはそういった面がありません。

あとは暑い国なんですけれども湿度が日本ほど高くないので夜クラー無しで過ごせるということが何ヶ月もあります。

バンコクで湿度があって本当に一日中暑いというのは4月と5月の2ヶ月くらいですのでそれ以外の月に関しましては、まぁ昼間はもちろん暑いのですが夜に関してはクーラーなしで過ごせると思います。


免許はどうする?

タイに移住してからの免許の扱いということなんですが、免許というのは自動車免許のことでよろしいのでしょうか。

自動車免許は他の国と同じで国際免許証に日本で切り替えをして1年間そちらのほうは外国で使えるかと思うのですが個人的にはタイで車の運転は絶対にオススメはいたしません。

まずは交通規則が全く違うことと、まずは守らないということですね。

交通規則があっても守らないということと道が割と複雑で一方通行が割と多い所ですね、あとは車だけではなくトゥクトゥクという三輪駆動というんですかね、三輪でエンジンが付いているもの、それからバイクですね、バイクが縦横無尽に走っていきますのでいつはねてもいつはねられてもおかしくない状況でタイ人は道路を運転しております。

そういったストップのタイミング、右に曲がるウインカーも壊れてる車も多いですので日本人がその中を運転するというのはものすごく勇気のあることだと思います。

ですので私は運転免許を持っていたとしても絶対運転したくありませんし、逆に日本人の方が運転しているというとものすごく尊敬しますが、乗りたくないと思います。


移住までのハードル

ソンブーンの近くの祭壇
バンコクに移住するハードルということなんですけれども、バンコクはハードルが凄く低い国だと思います。

まず物価が安いので移住する際にかける費用ですね、飛行機代も他の国よりそんなにかかりませんし例えば1ヶ月2ヶ月試しに住んでみて嫌だなと思って帰ったとしてもそれに使った費用はおそらく2ヶ月で10万か12万くらいで収まるかと思いますので、良い経験ができたなという感じで済むかと思います。

私の日本の実家の隣に住んでいる夫婦は今年金生活者なんですけれども3ヶ月間バンコクで、3ヶ月間日本で、またバンコクへ、まぁ寒い時はタイに行って暑い時には日本に帰ってくるというような生活をしていますので、割とそういう生活が出来るような物価なんじゃないかなぁと思っています。

でその夫婦はタイで安めのマンションを買ってしまいまして、荷物もそちらに置いて行ったり来たり移動しているという形を取っているようです。


バンコク移住をして失敗したと思ったこと

エアポートリンク、マッカサン駅
移住をして失敗したと思ったことはありません。

私は個人的にはとてもバンコクは住みやすくて良い街だと思っています。

色々な問題、トラブルはありますけれどもそれは海外でどこで住んでも同じことですので特にバンコクだけということでもなく、ただバンコク特有の失敗に関してもし慣れないということであれば移住は難しいと思います。

バンコクという国は住みやすいのですが、あまり清潔ではありません。

道にネズミが居たりゴキブリが居たりネコや犬の死骸があるなんてことは当たり前、普通のことですのでそちらの方がもしダメだという方が居たら移住に向かないと思います。

私の友人の中でも不潔、と言ったら言い過ぎなんですけれども汚い所があまり隙ではないという方はバンコクはあまり好きではなかったように思います。

ゴキブリも日本の1.5倍くらいの大きさはありますのでなかなか退治も難しくですね、慣れている人でないとものすごく大きいのでちょっと怖い感じが致します。

ただ、暑い国の生き物なのですごく動きが弱いです。

ゴキブリにしても蚊にしてもすごく動きが遅くゴキブリは走ったりしませんので簡単に捕まえることが出来ます。

これはあまり自慢ではありませんね。

蚊も動きがスローなので凄く捕まえやすいです。


バンコク移住生活に必要な語学力のレベル

次にバンコク移住生活に必要な語学力のレベルということなのですが、語学は出来れば出来るほど良い仕事に就けます。

例えばタイ語と英語がネイティブ並にとは言いませんがまぁまぁ中級ほど出来るのであればそれなりに良い仕事が選べるかと思います。

語学以外に特別なスキルが無くてもある程度良いお給料がもらえる仕事が見付かるかと思います。

それに読み書きが出来るともっと良い仕事に就けるかと思います。

タイ語は文字が難しいので話せるけれども読み書きが出来ないということが結構多いので私もそうだったのですが、読み書きが出来なかったのでそういった仕事に就くことは出来ませんでした。

英語だけという方も仕事には就けるのですが、やはりそれはお給料に反映されると思います。

じゃあ逆に英語もタイ語も出来ませんという方はどうですか、と言いますとそれはそれなりにお仕事は見付かります。

タイで日本語だけで仕事、じゃあ英語もタイ語も話せませんということになると日本語だけのお仕事になるのですが、全く100%日本人の方だけを相手にするお仕事であったり、私が見たのは日本からのテレフォンショッピングでお電話を掛けて品物を注文すると思うのですが、その電話を掛けた先は日本ではなくタイだったりフィリピンだったり台湾だったり物価、人件費の安くすむ国だったりします。

そういった受付をして、という仕事がありました。

そちらの場合は時差があるので朝の4時や5時に出勤されてまた深夜の何時かに始まるというお仕事体系であったのでやはり賃金的にも労働体系的にもちょっと劣るかなという感じはしました。

じゃあ生活の中の語学ということなのですが、こちらの方はですね、タクシーの運転手、それからトゥクトゥクの運転手、あとは大家さんと、そういった生活の中で接していく人達とタイ語で交わしていくかと思うのですが、やはりタクシーの運転手さんに関してはタイ語が話せなくても話せるような雰囲気で接した方がよろしいかと思います。

まず料金的にも変わってきますし、道も知っているような感じで接するとかなり対応も変わってくるかと思います。

大家さんに関しては一緒に生活している人なのでそういった悪いことは無いかと思いますが、何かトラブルがあった時にタイ語が分からないとちょっと問題になるなということもありますのでそういった生活レベルでのタイ語は覚えていたほうがよろしいかと思います。

あとは値段が付いていないようなバザールでの買い物は英語よりももちろんタイ語の方が値段は下がりますし、英語だとツーリスト扱いされてしまいますので値段の方も倍とは言いませんけれども1.5倍くらいにはなるかと思います。

ですので生活の中では旅行者が使うようなタイ語でも十分なのですが、物価は知っているよ、という状態で臨まれたら暮らしやすいかと思います。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ