バンコクの方がジャカルタよりホテル代が安い




一般的に、経済的な力というイメージで言うと、バンコクはジャカルタよりも数段上という感じがする。

実際に町を訪れてみても、明らかに治安の面であったりとか、あるいはインフラの整備であったり、そういった部分でバンコクの方が進んでいることは間違いない。

しかしながら、それがそのまま物価に反映されているかというとそういったことでもなく、売られているものの価格というのは、ジャカルタでもバンコクでもほとんど変わらない。

更に言うと、ホテル代に至っては、バンコクの方がむしろ、1割か2割程度安いのではないかという感じさえしている。

つまり、ジャカルタというのは、かなり住みずらい上に、価格の部分でのメリットというのは、特別ないことになる。

もちろん日本と比べたりすれば、ずっと物価が安い国ではあるものの、東南アジアの中においては、取り立てて安価というわけでもない。

こういった価格と、その国の経済力や、インフラ整備等の事情が一致しないということは、ありがちな話で、例えば、タイと隣国のミャンマーであれば、経済的なレベルは、タイの方が圧倒的に上であるものの、ミャンマーの方がホテル代は2倍程度するということが指摘されている。

これは単純に、需要と供給の問題もあるので、タイのように、ホテルが乱立しているところと、ミャンマーのように、まだまだ供給が足りていないところでは、提供する側の強気な姿勢というのが違う。

今回ジャカルタに入ってみて感じたのは、普通に目的もなくのんびりするだけなのであれば、ジャカルタにいるよりは、バンコクにいた方がずっと居心地がいいし、結局コストもほとんど変わらないということになる。

これは例えば和食レストランに行った場合でも同じで、ブロックエムという日本人街に行って食事をすれば、ランチを頼んでもだいたい700円から1000円程度が相場になる。

この価格であれば、バンコクでも同じように和食を食べることは可能なわけだし、結局ホテル代とレストラン代という日々の旅行者としての、大きなコストというのは、ほとんど変わらないか、バンコクの方が安いぐらいになっている。

更に言えば、移動一つとっても、空港から市内まで、もしくは市内から空港までの移動時間が全く読めないジャカルタと、電車等によって、しっかりと定刻通りに到着できるバンコクでは、その辺の安定感というのも違ってくる。

ジャカルタから市内に行く場合、早い場合だったら30分で済むものの、ひどい交通渋滞に巻き込まれて2時間以上かかるとか、そういったことも経験したことがある。

こうなってくると、飛行機に乗る際、何時に出発すればいいのか、というのが非常に読みづらく、常に不安な状態になる。

こういったことというのは、どうしても飛行機で移動する以上避けることができないので、決して小さな問題ではない。

こうしたことを考えてみると、インドネシアというのは、ロングステイをするメリットというのは、今のところ見当たらない状態になっている。

むしろ、前回に訪問した時と比べても、全く進歩が見当たらないし、町並みが美化されているかというと、そういったことでもなく、空港前でのタクシー会社を装った呼び込みであるとか、そういったものも改善されていない。

快適に住めるようになる町に発展するには、どうやら10年は最低でもかかりそうだという印象を受けた。


ページの先頭へ