バンコクの物価が安くないというのは本当なのか、現地で検証してみた




ネット上を見てもバンコクの物価は安いという話と、
日本と変わらないという話が出ている。

一方が間違っているとか、情報が古いという話ではなく、
これにはちょっとしたカラクリがある。



様々な国に行ってきて実感するが、
物価というのは一様に高いとか安いと言えるものではない。

品目によって違ってくるし、
必ずしも国の発展度や経済力にも比例しない。


たとえば、バンコクなら5000円で泊まれるレベルのホテルが
ミャンマーのヤンゴンでは1万円を越える。

経済力で言えばタイの方が明らかに上なわけで、
一見するとおかしな話。

しかし、実際に需給バランス等の兼ね合いで
このような現象が起きている。



そして、品目ごとに価格帯が様々ということは、
ライフスタイルや訪問の目的によって
バンコクの物価の安い部分の恩恵を受けられるのか、
それとも高い部分に直面するかが変わってくる。



基本的に、日本の田舎で貧乏暮らしをするのと、
バンコクで同じような生活をするのなら
物価は大して変わらないと感じるはず。

日本でも2万円や3万円代で借りられる部屋はあるし、
タイでも外国人価格だとこの程度が最安値。

質にこだわらないのなら、家賃に大きな差はない。


一方で、バンコクなら屋台の食事が数十円から100円代でも済むが、
和食はランチメニューでも500円ぐらいはする。

時々和食を食べる生活を送るなら、
日本で自炊するのとあまり金額的に変わらない。

もちろん、常に屋台で済ませられるなら、
コストはもっと抑えられる。

カットフルーツが50円程度で売られているので、
スイカやパパイヤ、マンゴー、皮を向いたグレープフルーツ等を
道端で購入して食べることも可能。


水道光熱費やネット代等のインフラ関連は
日本とくらべても安いことはない。

同じぐらいの金額になる。

ひたすら安値を求めるのであれば、
バンコクの物価は噂に聞くほど安くないと感じることになる。


もっとも、大都会で暮らしていることや、
生活の質などを考えればコストパフォーマンスは
悪くないと思うが。



では、月に15万円ほどの予算があったらどうか?

これは大きく話が変わる。

一人暮らしをするとして、
月に7万円の家賃でプール等の付いたコンドミニアムに住める。

バンコクは50円程度から地下鉄・スカイトレインにも乗れるので、
移動もとても便利。

中心部から離れて、
同じぐらいのグレードのコンドミニアムに
家賃5万円程度で済む手もある。


プロンポンのような日本人街に住めば、
周りに和食レストランがいくつもある。

一切自炊をしないとして、
朝食を屋台で200円弱で済ませ、
昼食と夕食を和食レストランや外国人向けレストランで食べて
合計1800円とすれば、
月の食費が6万円。

これで料理の手間や時間から解放され、
日本と変わらないレベルの和食も食べられる。

残り2万円を雑費とすることができる。


もちろん、食費や家賃はもっと削れるので、
プライオリティーを感じるようなところで使うことも可能。

部屋は狭くていいとか、
食事はもっと屋台で済ませられるとか。

上記はかなり余裕を持たせてあるので。



バンコクならマッサージ代が安く、
1時間1,200円程度でプロのマッサージを受けられる。

タクシーも初乗りが100円弱で、
先日行った美容院は1800円ほどだった。

美容院ならもっと安い店もいくらでもある。


こうした人件費関連はとても安い。

タイは東南アジアの中でも経済発展しているが、
人件費はいまだに安く、
時給100円程度でバイトを募集しているので。



そして、バンコクの物価の安さを感じるものとして、
他に服や靴、小物が挙げられる。

こちらはMKBやプラチナムショッピングセンターに行くと
如実に感じることになる。

Tシャツが300円程度で売られていたり、
シャツが500円だったり。

日本の5分の1ぐらいに感じる。

実際、バンコクで仕入れて日本で販売している業者もいるらしい。



なぜそこまで安いのかと言うと、
タイが位置的に周辺の東南アジア諸国から物資が集まり、
流通の拠点になっているため。

一度タイに集約して他の国に送る流れなので、
物流コストが安くで済む。

近くにはミャンマーやカンボジア、ベトナム等があるため、
これらの国から一度製品が集まってくることになる。

結果、マレーシアやフィリピンよりも
安くで服等を購入できるようになっている。



マッサージやエステ、服などを目当てに
バンコクへ旅行に来る人もいるが、
物価の安さを利用して買い物をすれば、
実際に旅費代ぐらいまかなえてしまう。

しかも、バンコクはホテルが乱立して競争過剰気味なため、
5,000円弱で中級ホテルに泊まれるし、
1万円もだせば5つ星ホテルに宿泊することも可能。

こうした点を考えると、
物価の恩恵を受けることができる。



今回のバンコク滞在はビザなしの期限となる
30日いっぱい使う予定。

すでに20日ほどが過ぎたが、
もう何度も来ているので、
観光に行くわけでもなくゆっくりしている。

そんな生活を送っても満足度が高いのがこの街。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ