バンコクのラチャダービセークのロビンソンが潰れていた


私が初めてバンコクに来た時にはラチャダービセークという大通り沿いにあるスイスホテルというホテルに宿泊をした。

この時には三人の友人とシンガポールからやって来て、更にバンコクで他の友人たちとも合流をして一週間ほど過ごしていた。

それから約三年が経って、再び同じ通りを歩いていたらロビンソンというデパートが潰れていたことが分かった。

どうやらロビンソンが倒産する前に一度韓国系のデパートがテナントとして入っていたらしく、そこの処分品セールのようなものもやっていたが、既に建物の大半は取り壊しになっていた。

近くにはエスプラネードという大きなショッピングモールが出来ていたりして、かなり激戦区になっているのは間違いない。

すぐ隣にはビックCというショッピングモールも入っていて色々とご飯を食べられるフードコート等もあるので、需要に対して供給が過剰であるという感は否めなかった。

先日もビックCというところのフードコートで色々と食事をしてきて、例えばもち米を使った日本風のちまきというもあったし、後は生野菜のとりあわせとか今川焼に近い中国系のお菓子であるとか、そういったものを食べてきたが、かなりどれもレベルが高かった。

こういった店が近くにあるということで、やはりロビンソンも圧されていたのだと思う。

私としては思い出があるデパートだったので、その点は残念なところではあった。

どういった思い出があったのかというと、初めてバンコクに行ったときにそこで友人からプーケットの自宅に来ないかということで招かれて、その準備として水着であるとか後は着替えを何枚か購入したのがこのロビンソンというデパートだった。

しかも普通の水着というのが売っていなくて、なぜか競泳水着を買うことになってしまったのだが、そういったことも今となっては良い思い出となっている。

しかし今回ロビンソンの前を通りかかって、建物が既に取り壊されていたというのはかなりショックだった。

確か、そこそこ美味しいラーメン屋が入っていたのもこのロビンソンだったはずなので、その店も今どうなっているのかは分からない。

タイというのは飲食店であったり、或いはこういったショッピングモールの新陳代謝もかなり起こっているので、出店をすればひとまず儲かるというほど甘い状況ではないのは間違いない。

そして今回はその事実を改めて確認することになった。

確かにタイ人というのは消費意欲が旺盛だし、日本円で千円弱の顧客単価の飲食店であってもしっかりとお客さんで埋まっている。

勿論それは接客であったり、或いは食事のおいしさであったり、そういったものが一定基準に達していることが条件になるが、日本に比べればまだまだ競争は緩いというのが率直な印象。

それでも今回のロビンソンのように撤退を余儀なくされることもあるわけだし、そういった中で経営をしていくというのはかなり大変ではないかと思う。

しかしながら、日本国内のし烈な過当競争に比べればまだずっと可能性があるのは間違いないし、そういった意味でまだまだ海外進出をしていく余地というのは日本企業に残されているのではないかと思う。


ページの先頭へ