美味しい鯖の味噌煮定食を食べられるバンコク




外国であっても、サーモンの照り焼きとか、鯖の塩焼きを定食にして出している和食レストランというのは多く、これらは意外にも外れが少ない。

ラーメンの場合に関して言うと、麺がフニャフニャだったりとか、出汁を取っていなくて味がもやっとしていたりとか、様々な問題があるが、うどんやそばについては、それなりに食べられるものであることが多いし、天ぷらそばとか、かなり凝ったものがちゃんと食べられる。

しかしながら、どこまで本格的なものを食べられるかというのは、その町によってだいぶ差があり、バンコクというのは、日本を除いた海外の都市の中でも、明らかにトップクラスということになる。

先日は、エカマイの駅に隣接しているゲートウェイモールというショッピングモールの2階にある、なぎ屋というところで、ランチセットの鯖の味噌煮定食を食べてきた。

このなぎ屋というのは、いくつかチェーン展開をしていて、実を言うと以前にも別の店舗に就職を食べにいったことがある。

その時には大人数だったので、鍋であるとか、色々なものを頼んだが、今回は一人で行ったので、軽く鯖の味噌煮定食を頼んでそれだけにしたが、量は少な目であったものの、この鯖の味噌煮というのが、かなりしっかりと味付けもしてあって、日本人も納得のクオリティだった。

このゲートウェイモールには、いくつも和食レストランがあって、むしろ2階というのは、日本食のレストランばかりが並んでいるので、ここがどこの国なのかわからなくなってしまうほど。

いっそのこと頑張れば、免許の更新とか、そういった日本でなければできないようなことも、何とかなってしまうのではないかという風に錯覚してしまうほどに、ジャパンカラーが溢れている。

例えば、チェーン系の店だけでも、すき屋とか後楽園、長崎ちゃんぽんのリンガーハット、こういったところがあるし、それ以外の個人店舗系の店もいくつかあって、さらに言えば甘いものも売ってるので、ロールケーキやシュークリーム、抹茶パフェ等の様々な甘味を楽しむことができる。

海外在住の日本人にとっては、非常に面白いアミューズメントパークパークのような場所になっている。

どちらかというと、本格志向の店というよりは、ライトな感じの店が多いので、こだわりの店を探したいのであれば、一駅アソック側に移ったところの、トンロー駅の周りとか、さらにもう一駅行ったプロンポン駅とか、ここら辺の方が向いている。

但し、全くあてもなく歩いても、バンコクの炎天下の中で体力を消耗するだけなので、何か手がかりが必要になる。

その時に、重要な武器になるのが、バンめしというフリーペーパー。

このバンめしには、レストランが記載された地図があるので、それを見ながら歩いていくと、どこに和食レストランがあるとか、そういったものが一目瞭然となる。

例えば、エカマイ駅の近くであれば、ハガクレとかテッペン、スシオタル、ハマオカトウの店がある。

こういったところを回るだけでも、海外在住者にとっては、非常に面白い。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ