バンコクからソフィアへのフライトが大変だった




airticket.comというところで取ったロシア系航空会社のエアロフロート、バンコク発ソフィア便は、モスクワ経由で3時間ほど空港に滞在し、空港から一歩も出ることなくブルガリアに移動する予定だった。

当初は、午前9時半出発予定が、午前10時に変更になったというメールが来ていたが、到着の時間自体は変わっていなかったので、これはかえって好都合。

モスクワで余計なトランジットの時間が、その分だけ縮小されたことになるし、朝早くに行く必要がなくなった。

月曜日だったので、もしかすると通勤ラッシュに巻き込まれるかもしれないと思っていたが、そんなことはなく、BTSもMRTもエアポートトレインも全て空いていた。

但し、エアポートトレインに関しては、私が行ったスワンナプーム空港行きは、ガラガラだったものの、反対に市内への上りの列車は、ホームに人が大量に並んでいて、どうやら彼らは通勤をするようだった。

ということは、スワンナプーム空港に朝に着いた場合は、エアポートリンクを使うと、かなり込み合った電車に荷物を持って乗らなければいけないことになる。

それはそうと、バンコクのスワンナプーム空港のエアロフロートのチェックインカウンターに行くと、帰りの航空券もしくは第三国への出国のチケットを持っていないと、搭乗できないというので、仕方がなくスワンナプーム空港のWi-Fiにつないで、その場でワルシャワ発バンコク行きの便を予約した。

こちらウクライナ航空で、キエフ経由となる。

ウクライナ情勢の点で、若干の心配はあるが、トランジットだけなら大丈夫だろうという算段で、その便を選んだ。

そこからエアロフロートのカウンターに戻り、手続きを再び行っていたら、先程の係員がかなり終盤になってから、こちらに来いということを言い出して移動し、ようやく手続きが終わった。

帰りの便のフライト№を控えていたので、かなり厳格に管理がされている模様。

シェンゲンという言葉を向こうが用いていたが、ブルガリアはすでにシェンゲン協定を実施しているだろうか、今まで散々先延ばしにしてきていたので、まだ実施がしていないのではないかと思っていたが、もしかすると最近スタートしたのかもしれない。

そしてスワンナプーム空港の荷物チェックがかなり時間がかかってしまったため、フライトの時間ギリギリになってしまった。

しかしながら、ようやく到着したゲートには、人が大量に残っており、座ったまま動く様子がない。

グランドアテンダントに聞いてみたが、つっけんどんにフライトはまだだと言われた。

この後も、エアロフロート関連の職員は基本的に態度が悪く、インド系マレーシア人を彷彿とさせる感じがした。

どうやら急病人が出たらしく、フライトは遅れに遅れ、1時間ほど経ってから搭乗することはできたが、それからも飛び立つこともなく、更に言うと、隣りの席が妊婦だったということもあって、移動することになったが、それは最後列に近い位置で、スーツケース等はすでに上の棚の所に収納してしまい、それは移せない状態ですぐに前の席に移るように言われたので、降りる際に人の流れに逆らって、荷物のところまで行くか、全員降りてからそこまでいかなければならず、かなり不便だった。

しかも離陸時まで、全然時間があったので、なぜ荷物を動かすのを制止したのか意味がよくわからない。

結局、離陸も大幅に遅れ、モスクワでのトランジットの時間を過ぎることになった。

ソフィア行きの便について、時間が調整されたりしているのか聞いても、フライトアテンダントは、つっけんどんにそんなことは知らないから空港で聞けというだけで、取り付く島もない。

結局モスクワ空港に着いて、ブダペスト行きや、ワルシャワ行きのプラカードを持って叫ぶ職員がいたりするものの、ソフィア行きについては、何の掲示もなくトランジットの荷物検査の所も、軽い混乱状態になっていた。

そこを抜けて移動をすると、どうにかソフィア行きの便に乗ることができ、こちらも諸々フライトの時間が遅れたらしい。

しかしながら、どういうわけなのか、ソフィアに到着したのは、当初の予定よりも30分しか遅れていなかった。

モスクワの空港を出た段階で、1時間以上は遅れていたので、この点は不思議なところ。

とはいえ、こうしてぐったりするような長いフライトは無事に終わり、その日のうちにソフィアに到着することができた。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ