友人の付き添いでバンコク病院に行ってきた


日本からタイに遊びに来ていた友人が、体調不良を訴えたので、ホテルの人に、近くに大き目の病院がないかと聞いたら、バンコク病院がこの辺りでは、最も良いという風に聞いた。

タイの医療水準が高いというのは、これまでも聞いていたし、メディカルツーリズムの話についても知っていた。

更に言えば、私自身も以前に、パムルンラード病院や、サミティベート病院といった外国人向けの病院に行き、そこでの治療でも満足していた。

そういったこともあり、バンコク病院に行くかどうかということを友人に提案したところ、当初はそれほど乗る気ではなかった模様だが、症状が悪化してきたところで観念したのか、明日に行こうという話になった。

翌日、友人は朝遅くまで寝ていたので、そっと部屋を後にして食事に出たが、朝食が終わって戻っても、まだ熟睡している様子だった。

途中で起こすのもなんだったので、パソコンを持ってロビーに降りて、しばらくそこで仕事をしていた。

そんな風にして午前中の大半が過ぎていったが、ランチを取ってから、昼寝でもして、それからバンコク病院に行こうかと思っていたところ、思いのほか時間が遅くなったので、担当医がいなくなっても困るということもあり、そのまま昼寝無しで直接向かうことにした。

ホテルでタクシーを呼んでもらい、それから10分弱走って、バンコク病院についた。

外観で大きな病院であるということはわかったが、ここで日本語が通じるというこは期待はしていなかった。

その為症状を、的確に伝えられるように、事前にネットで翻訳機能などを使って、英語とタイ語に訳しておいた。

そして、いざ病院に到着すると、友人がその翻訳を渡して読み始めたが、相手の意志が何を言っているのかわからないという様子で、日本語の通訳を使うかと提案してきたので、いるのであればそうして欲しいと言ったところ、電話通訳となった。

音声はスピーカーから流れてくるので、医師だけではなくて、患者である友人や付き添いで行った私にも聞こえるようになっていて、そこから直接話すことができるようになっている。

バンコク病院で24時間こういった通訳対応をしているのかどうかはわからないが、少なくとも平日の昼間い行った時には、タイ語ができる日本人の人が翻訳をしてくれるので、これはとても有り難いサービスだった。

待ち時間としては10分弱、そして診療が終わってから、薬が処方されるまでも、5分とか10分とかそのくらいの、非常に短時間での待ち時間だった。

医師はまだ若く、おそらく20代だったのではないかと思うが、ボンボンの家庭の2代目の医者のような印象だった。

結局、薬を処方してもらったのだが、友人がタイにいる数日の間で、徐々に良くなってきているらしく、どうやら効いているようだった。

私もこれまで、フィリピンやマレーシア、中国で病院へ行ってきたが、やはりタイの施設や医療レベルというのは、頭一個抜け出ている感じがする。

友人の場合であれば、数日後には日本に戻るので、そこで病院に行くという選択肢も当然あったが、結果としてバンコク病院に行ったことを、本人も満足していたようだし、それは何よりだった。

タイにおいては、サミティベート病院やバムルンラード病院と並び、バンコク病院は特に有名な病院の一つ。

外国人やタイの中でも、富裕層向けの施設となっていて、日本と比べても、日本食がないどころか、むしろ高級ホテルのようになっているので、普通の日本の大学病院よりも、よほど高級感がある。

更に言えば、私がこれまで何回か行ってきた時も含めて、長く待たされるということがなく、少なくとも30分以上待たされたことというのは、一度もない。

元々、病気や怪我の時に病院に行くわけだから、長く待たされるというのは、かなり体調が悪いと辛い物がある。

さっさと見てくれて、そして病原菌が渦巻いている病院を早めに後でできるというのは、患者に取っては非常に重要なこと。

そういった意味でも、今回の診察や治療というのは、とても満足できるものだった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ