アゴダで予約したホテルの位置がわからずベルファーストで道に迷った


北アイルランドのベルファーストという町では、ベッド&ブレックファーストを予約していたが、この場所というのがわかりづらく、非常に困った。

近くまで行くことは容易にできたものの、肝心な最終的な場所がわからない。

バスターミナルで地図はもらっていたので、それを見て歩いていたところ、どうも近くまで来ているとわかるのに、どこの裏道を入ればいいのかというのが皆目見当がつかない。

こういったことを、このベッド&ブレックファーストも散々経験してきているのか、予約直後に自動返信メールで、ホテルの場所を知らせるメールがきた。

しかしながらそれを、たどってみても結局わからないという事態になり、いくら探してもわからなかったので、結局人に聞いて回ることになった。

その結果としてわかったのは、民家が立ち並んでいる並びに入口があり、しかも入口には特になにもそのベッド&ブレックファーストの名前であるとか、そういった表示がないことがわかった。

トリップアドバイザーのステッカーが貼られていること以外は、民家と全く見分けがつかないので、これでは見つかるはずがない。

しかしながらこのベッド&ブレックファーストというのは、非常にいい場所で、探すのが難しいという事以外は、また訪れたいと思える内容だった。

非常にホスピタリティも溢れているし、家庭的な感じがして、ベルファーストの生活の一端を垣間見ることができた。

次に行く時は道に迷わずに行くこともできるだろうから、もしベルファーストに行く機会があれば、またここに宿泊したいと思う。

同様のことは、ポルトガルのリスボンでも起こり、こちらもホテルでありながら表示が一切なく、普通にアパートメントの一部として経営しているので、最終的には番地を見て探すことになってしまった。

こちらについてはそれ以前に、大まかな位置自体がわからず、バイシャシアドという駅から歩いていったが、その段階で行き過ぎてしまって、2時間ぐらい道に迷う羽目になった。

このバイシャシアドの町の周辺というのは、かなり坂道が多く、一度大きく下ってからまた登ったりということになったので、体力の消耗もかなり激しい。

何しろ、荷物を全て背負っての移動になるので、これはかなりつらかった。

結局昼食の時間も遅れこんで、3時ぐらいにアルゼンチン風のステーキを食べるということになった。

不思議と食事をしたら、疲れは簡単に取れてしまって、思ったほど荷物の影響というのは大きくないのかもしれないとも思った。

こちらのホテルに関して言うと、非常に防音体制というのが弱く、隣りの部屋の出入りの音であるとか、そういったものが非常にうるさい。

朝食が含まれているものの、ハムとチーズとシリアルぐらいしかないし、こちらはもう泊まることはないのではないかと思う。

まだリスボンには滞在しているので、このホテルに泊まるということは可能ではあるものの、よほどのことがない限り、ここにもう一度泊まろうとは思わないし、今後の候補からひとまず外れた。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ