海外移住の持ち物で必要なもの・不要なもの




私がマレーシアに移住した時には、
海外移住にどんな持ち物が必要なのか分からなかった。

その結果、余計なものを持って行ったりもした。

実際に何が必要で、何が不要なのかをまとめておこうと思う。



まずは必要な持ち物。

パスポートや航空券は当然必要。


着替えは現地調達ができるが、
土地勘がないなら、とりあえず直近の分はあったほうが安心。

海外移住をしてすぐに買い物が必要というのは、
到着の時間帯によってはスケジュールが過酷になることもある。


印鑑は意外に使用する場面がある。

私の場合は主に投資をする際で、
現地で生活するだけなら不要なのだが、
一応持っていった方がいいかもしれない。


持病がある場合には、
持ち物に薬を入れておくのはもちろん必要。

逆に絆創膏や包帯、消毒薬は現地で調達できるので、
わざわざ日本から持っていく必要はない。




海外移住に不要だった持ち物としては、
辞書や変圧器などがある。

変圧器は電圧を変えるものだが、
日本製品を使わないのなら要らない。

マレーシアの友人で子供のおもちゃを
日本から持ってきていたため、
変圧器が必要だった人がいたのであげてしまった。

私自身は、
海外移住後変圧器を使う機会がなかった。


携帯電話も要らなかった。

日本から持って行ってもSIMロックされているものなので、
現地で使うことはできない。

結局、使う機会もなく捨てた。


後は割り箸もいくつか持ってきたが、
これもまったく必要なかった。

マレーシアでも売っているので。


タオルを持っていったりもしたが、
当初はホテル暮らしなのでタオルは用意されている。

コンドミニアムが見つかってからは必要になるが、
基本的に現地調達で問題ないだろう。



あとは世界対応のプラグも普段の生活では使わない。

最初は日本から持っていったパソコンを使っていたので
その時に使っていたのだが、
マレーシアで新しいパソコンを買ってからは
普段の生活で使うことはなくなった。

ただし、マレーシアから他の国への旅行の際には
欠かせない持ち物となっている。

世界対応のプラグは日本で買ったほうが
コンパクトなものを見つけられるので、
海外移住の際の持ち物として持っていくほうがいいと思う。




こうして見てみると、
海外移住に際して必要な持ち物は
意外に少ないことが分かると思う。

パスポートや航空券、薬、最小限の着替え、印鑑ぐらい。

特に物価が安い国に行く場合には、
色々持っていかなくても安くで購入できる。

多くの国では家具や家電が備え付けなので、
日本から持ち込む必要もない。



日本国内で引越しをする場合、
家具をすべて持っての移動になるので大荷物になるが、
海外移住は身の回りの持ち物を絞って持っていくことが多いので、
むしろ持っていく物は少なくて済む。

私はマレーシア・フィリピンのどちらに行った際も
手荷物だけで済ませた。

そんなことも可能になる。


もっとも、そのためには身の回りの品を
かなり大量に処分することにはなるが、
余計な物から解放されるために役に立った。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ