ベトナムの結婚式のご祝儀代は金額が難しい


日本と同様にベトナムにおいても、結婚披露宴という風習はあって、そこではご祝儀を包むというのが、常識になっている。

日本の場合で言えば、相手が家族や親類であるのか、あるいは友人であるのか、こういったところで、だいたいの相場というのが決まってくるが、ベトナムというのはもっと複雑で、包む金額がかなり難しいということが、指摘されている。

というのも、相手の関係性によって、ご祝儀の金額が変わってくるというのは、日本と同様でも、それ以外の要素として、結婚式を行う披露宴会場のレベルであったりとか、あるいは自分自身がどこの国籍であるかといったことも関係してくるため。

更に言うと、ベトナムのご祝儀というのは、お祝いのお金という意味はもちろんあるにしても、それ以上に実際にその式場で食べる食事や飲み物の飲食代の要素が強いので、どういったところで、どの程度の料理が出るかによってご祝儀を変えてくるという習慣があるらしい。

例えば、そのレストランで、普通に食事をすると1500円ぐらいかかるので、ちょっと多めにして2000円ぐらい包んでおこうとか、だいたいそこで食事をした場合よりも、若干上乗せして支払うというのが一般的。

この例を見ても、日本の相場に比べれば、非常にご祝儀代というのが安いということが伺えるし、実際ベトナムの賃金水準を考えた時にも、日本に比べて圧倒的に、相手に渡す費用というのは小さくなる。

外国人がベトナムでうまくやっていくことを考えると、だいたいローカルの人の倍の相場を払うというのが一般的になっているので、そこら辺はやはり賃金が高い分だけお金を高く支払うという、外国人価格というものがある。

こういったことは多くの場面で、遭遇する話で、新興国に住んでいると、向こうは日本人を見た時に、普段よりもお金をもらって当然という感覚を持っている人も多い。

特にベトナム人に関して言うと、そういった傾向が強いという話を聞いたこともあるので、おそらく、その辺の気遣いをしておかないと、後々ぎすぎすするとか、仕事がしづらくなるといったこともあるだろうから、現地で働く人としてはそこら辺の心得というのは必要になってくるのだと思う。

私の場合は、マレーシアやフィリピンに住んでも、別に現地企業で働いているわけではないし、マレーシア人やフィリピン人と、業務上の提携をしたり、あるいは取引を行っているわけではないので、こういった煩わしい人間関係とは、無関係で生きていられる。

これに対して、現地で仕事をするということになると、その国の風習であるとか、文化や温度感といったものを読み取りながら、生きていく必要がある。

こういったことをストレスと感じるのか、楽しいと感じるのかは人それぞれだが、私としてはかなり煩わしい部分があるだろうし、できることならそういった手間というのはかけずに生きていきたいと思っている。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ