バンコクのビックシーのパンは美味しそうだった




東南アジアを旅していると、残念ながらパンが美味しくない町というのはかなり多い。

特にフィリピンのマニラに住んでいた時には、海外から進出してきているパン屋のチェーン以外は、基本的に美味しくないものばかりだった。

これはパンデマニラ等のパン屋に行ってもそうだし、コンビニやスーパーで買うものにしても同じこと。

この傾向はフィリピンばかりではなくて、マレーシアでも同様だった。

しかしながら先日、バンコクのタイランドカルチャーセンターの近くにある、ビックシーという大手のスーパーに行ってみたところ、置いてあるクロワッサンやデニッシュが美味しそうだった。

特に用事があって、スーパーに行ったわけではなくて、できるだけ足を運んだ町では、スーパーやコンビニには立ち寄るようにしている。

初めて訪れた時はもちろん、それ以外であっても、しばらく間が空いたら、改めてスーパー等の品揃えであるとか物価を見て、その国の経済状態の一端を垣間見ることを習慣にしている。

バンコクの場合についても、今回は約10ヶ月ぶりの訪問となったので、ビックシーであるとか、マックスバリューとか、そこら辺のスーパーというのは、いくつも回ることができた。

そして、その中で見かけたのは、ビックシーのクロワッサン等のパンであったが、残念ながらここでは買う機会がなかった。

というのも、翌日にはボリューム満点の朝食が出てくるし、夕食もすでに済ませた後だったので、パンを買ったところで、食べる機会がなかった。

バンコクという町は、食べることには事欠かなくて、朝食が付いていないホテルであったとしても、屋台等でそれなりにものを選ぶことができる。

もちろん前日に、クロワッサン等を買ってそれを食べるということもできるが、どうせだったら出来立てのものを食べたいと思うのも人情というもの。

こんな時に、大食漢であればよかったとは思うが、何しろ昔から食が細いので、今更それをどうこうすることができるとも思えない。

ということで、今回はパンの購入は諦めて、そのうちに回すことにした。

他にもチャングやシンハというビールを飲み比べてみたりとか、マックスバリューで見つけた、最中アイスやクッキーアイスのような日本では懐かしいものを食べたりとか、色々と挑戦しているが、総じて言えるのは、タイの食のレベルというのは、日本人から見てもかなり高いということ。

本当に美味しいものが多いので、海外の一部エリアのように、食事の度に憂鬱になるようなことはない。

これは地味なようで実は大きなことで、マレーシアで色々と旅をしたりすると、そういったことのありがたみというのがよくわかる。

逆に言うと、タイのありがたみを理解するためには、マレーシア縦断というのも、結果的に役に立っているのではないかという風に捉えることができる。

そしてせっかくなので、タイももっと色々な場所に行ってみたいとは思うが、何しろ、滞在できるのが30日以内という縛りがあるので、それもなかなか実現していない。

今のところ、プーケットやアユタヤ、ウドンタリといったところには行ったことがあるが、まだまだ訪れたい場所はサムイ島を初めとして、いくつもある。

そのうちこれらの場所にも、足を伸ばしてみようと思っている。




メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ