ジャカルタのブロックMの和食レストランの客層




この数日、ブロックMに宿泊してジャカルタの中の和食レストランに通っている。

朝食はホテルで出てくるので、昼食と夕食を基本的に和食レストランで食べるというのがこの数日の定番パターン。

ブロックMの場合であれば寿司屋もあれば焼肉割烹のような店もあるし、ラーメン屋や通常の和食を全般的に取り扱っている店まである。

更に言えばうどんの専門店であるとか、それなりに多様性もあるので数日通っている程度では全く飽きることがない。

ここでランチとディナーと両方とも共通している客層としては、やはり日本人の割合が非常に高いということ。

これは同じく日本人街であるマカティのリトルトウキョウと比べても、明らかに目に見えて指摘することが出来る傾向。

確かにジャカルタの平均的な所得と比べるとかなり高額な店が多いし、一部にはランチメニューで500円程度で食べることが出来るものもあるとはいえ、多くのメニューというのはまずは千円からとか、場合によっては二千円、三千円するような店もあるので、客単価というのはかなり現地の人に取っては高いことになる。

そう考えてみると日本人の駐在員であるとか、もしくはリタイアしてこちらに住んでいる人であるとか、そういった人が中心になるのは窺える。

実際に見ている限りで言えば、リタイアメント世代というよりは、駐在員と思われるようなスーツを着ている人が多いので、そういった人を主な客層としている模様。

このブロックMの店というのは、見ていると板前さんの中に一人だけ日本人らしき人がいて、それ以外はすべてインドネシア人とか、そういったパターンが多い。

フロアスタッフというのは基本的にインドネシア人で、こちらで日本人を見かけたということはない。

残念ながらインドネシアの人というのはあまり英語が通じないので、そこで若干不便をすることはあるものの、基本的にはメニューを指させばそれで通じるので、そこまで困ったことにはならない。

マカティ等々と共通して言えることとしては、基本的に和食レストランの中というのは喫煙が可能になっているので、周りにいる人によってはかなり煙たい。

更に言うと日本国内に住んでいる日本人よりもこういった駐在の人の方が、喫煙率が高いような感じがする。

これはジャカルタでも変わらない法則。

かなりタバコ臭いというのは居心地の悪さに繋がってくるので、そうした理由でのんびりとすることが出来ずに、食事をさっさと済ませて帰ってくることも度々ある。

この点は非常に残念なところではあるものの、こういった傾向というのは東南アジアの和食レストランにおいてはどこでも見られるもの。

一般的にこういった国というのは、室内は禁煙で、外の席については喫煙可と言うところが多いが、和食レストランにはそもそも席を外に設けているということが通常ないし、ブロックMの店を見ても、それは言えること。

そうなってくると結局、タバコを吸えるようにしておいた方が、売り上げが上がるというのが店の算段の模様。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ