BOOM証券の口座開設を見送った理由


これまでにもBOOM証券の口座開設をしようと思ったことはあるものの、
結局はそのまま見送っている。

香港には何度も行っているし、
HSBC香港はメインで利用している銀行。

長期積立も行っている。



そんな状況下であえてBOOM証券の口座開設をしない理由は単純で、
今のところ用途がないから。

たしかに日本の証券会社を利用して
株式や投資信託を買う場合よりもメリットが大きいのは事実。

しかし、長期積立ファンドも利用しているし、
今のところ個別銘柄の取引をする予定がない。

その状態で口座開設をしても、
管理が大変になるだけの気がした。


実際、銀行だけでも増えてくると管理が面倒になってきた。

BOOM証券も利用できる状態にすることで、
手続きがますます煩雑になることに。

こうして考えてみると、
明確に利用する用途が決まってからでも遅くない気がした。

香港に行く機会は今後もあるだろうし、
その時を利用すればいい。

東南アジアにいる時であれば、
LCCを使って簡単に移動することもできる。

今はリスボンに来ているので、
さすがにここからの移動となると10時間以上を要することになり、
気楽にひとっ飛びとはいかないが・・・。



一時期は各国の銀行口座を開設するのが
自分の選択肢を広げて自由度が上がっているようで楽しかった。

しかし、徐々に管理の苦労も実感するようになった。

まして非定住生活を始めて以降は、
基本的にATMカード等も持ち歩くことになる。

むやみにカードを増やすのは、リスクにしかならない。



こうしたことも考え、
今のところBOOM証券の口座開設には慎重な姿勢でいる。

同様に、世界各国で銀行の口座を持つことにも
懐疑的な状態になった。

オーストラリアやイギリスでもHSBCを見かけたが、
口座開設を試みることはなかった。

特に必要を感じなかったため。



どちらかと言えば、
財布の中に入っているカードは減らしたいぐらいで、
これ以上増やすことは考えていない。

持っていると空港で押収されるため、
ハサミ持っていないのでカードを切り刻むこともできず、
今のところ必要性に疑問の残るものも所持し続けるしかない。

とりあえずの対策として、
これ以上増やさないことを第一に考えることになる。



BOOM証券を利用できなくて困ったことは、
今のところ一度もない。

アジアに戻ったところで、
改めて必要性を検討してみようとは思うが、
おそらく見送りということになる可能性が高い。

意外にそんなものであるという気がしている。


日本人にとってもBOOM証券が人気なのは分かるが、
私自身の資産構築戦略において不要な以上、
むやみに合わせる必要はない。

優先されるのはあくまで自分の戦略であって、
一般論ではない。

そういう生き方を突き詰めていったら、
なぜか住む家も持たずに暮らしてみるという
意味不明な結論にたどりついてしまった。

何も一生このまま生きていこうとは考えていないので、
そのうちどこかに定住するのだとは思う。


ただ、一箇所に10年も暮らすというのは、
もしかしたら今後一生ないのかもしれない。

10年どころか、同じ街に3年住むイメージすら持てなくなった。



日本人としてはかなり変わった生き方になったが、
パスポートの強さを考えると合理的なようにも思える。

せっかく多くの国に簡単に入国・滞在できるのだから
そのメリットを強みとして活用するのは自然な話。

そんなことを最近は思いつつ、
実際にホテル暮らしを続けながら生きている。



それにしても、リスボンの次はどこに行こう?

同じくポルトガルのポルトには寄るとしても、
途中にどこに立ち寄るか、
ポルトの後はどこに行くかがまったく決まっていない。

そろそろ決めないと、動くに動けなくなってきた(苦笑)。




メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ