朝食に甘いものを食べないはずが・・・


今年は体調をたびたび崩しているし、
健康に気をつけるために砂糖を控えることにした。

砂糖が猛毒というのは色々な場所で聞く。

どうも西洋・東洋医学を問わずに共通した見解らしい。



最近はコーラをはじめとした甘い飲み物は飲まなくなったし、
甘いモノを食べるのを除けば砂糖はそれほど取らない。

たまにケーキを食べたりするのは
やめる余地がないのでそのままとしても、
かなり限定できているような気がした。

本当にそんな気がした。



そして、ふと気づいた。

毎日朝から甘いものを食べていることに。

果物とパン屋で買ってきたクリーム入りのパンとか
スイートポテトパイとか、
朝食にそんなのばかり食べている。

毎朝欠かさず砂糖を取っていることに。


これはまずいと思ってレーズンパンを買ってみた。

レーズンパンは甘くないパンの部類に入れていいだろう。

多少は甘いけど。


そんなわけでより健康的な生活に一歩踏み出したと思ったら、
3日後には無意識に甘いパンを買っていた。

それも普段以上に砂糖が使われているものを。




ひょっとして無意識にストレスがたまっていたのか?



明日の朝の分は再びレーズンパンを用意してみた。

今度はうまくいくのかどうか・・・。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ