ブルノもまたバーが多かった




チェコやハンガリーというエリアは、ビールが美味しいことで有名だし、町中にバーの数も多い。

ブルノも例外ではなく、旧市街中心部の広場では、カフェとバーが合わさったような店が並んでいる。

どちらかというと、店舗の内装自体はオープンテラスの席が中心となったカフェで、外は満席に近くても店内はガラガラだったりと、さすがに外の席と太陽が好きなヨーロッパ人らしい光景だった。

これはブカレストとか、リスボン等で見てきた光景と全く同じもの。

そしてこのエリアのカフェというのは、サンデーやパフェ、そしてケーキやタルトにも力を入れていて、食べてみたがレベルも高い。

だいたいケーキが1個で200円前後となっていて、中心部の店だともう少し金額が高くて、それでも300円ぐらいが主流。

このレベルであれば、仮にバンコクやクアラルンプールで食べた場合、400円以上はするし、そう考えるとヨーロッパの国でありながらチェコの方が、かえってケーキのような付加価値が高いものについては、安くで食べられることになる。

これはチェコに限らず東欧全体として、そういった傾向がある。

他にジェラートなども80円ぐらいで食べられたりとか、物価の概念が崩壊してしまいそうなほどに金額が安く、それでいて実際に食べてみても美味しい。

こういった普通のカフェと同じような充実したメニューでありながらも、必ずといっていいほどビールやワインもメニューリストに載っている。

ここら辺がさすがチェコというか、外さないところ。

私もブルノでガトーショコラやクリームホーン、シュトルーデルなどを食べたが、どれも一つとしてハズレがなく、全てが満足いくものだった。

通常であれば、ビールとケーキは合わないと言われがちだし、実際その通りだとは思うが、カフェでしばらく仕事をしていて、最初はビールだけを頼んでいたが、ちょうどいいタイミングで追加注文を取りに来てくれるので、思わずケーキを頼んでしまい、それからまた少しして食べ終わった頃に、再び店員さんがやってきて、今度は甘めのホワイトワインを頼んだりと、つい食べ過ぎ飲みすぎになってしまう傾向にある。

しかしこれも、郊外に出てみると、一気に雰囲気が変わり、思い切りバーらしいバーになって、当然ながらケーキなど売っている雰囲気などない。

そして客層も変わり、観光客や昼間から長閑な雰囲気で、談笑を楽しむような男女とか、夫婦ではなくいかにもガラの悪い中年の男たちのたまり場となっている。

店内は煙草の煙がモクモクと漂い、ホテルに帰る前にビールを一杯お腹に入れたいと思っても、敷居がかなり高いというか、むしろ嫌悪感を催させるようなものだった。

ブルノのこういった貧民街に近いようなエリアで、わざわざ危ない目に合うリスクを背負ってまで、バーに寄る理由もないので、それ以降は飲みたい時には必ず町の中心街で飲むようにした。

しかしながら、007バーとか、999バーとか、日本人なら思わず気になってしまうような名前のバーが多かったのも特徴的。

こういったものは全て東側に位置していた。

更に言うと、その999の近くには、ランドリーバーという不思議な名前のバーがあって、中を覗き込んでみると、実際に洗濯機が回っている音がした。

もしかすると、ランドリーが併設されていて、洗濯をしている間に一杯飲めるという趣向なのかもしれない。

少なくとも入口付近は、普通のバーと同じような内装になっていた。

他にも、スカイアイスバーとか、セイントトロペッツとか、ザ・パブとか、中心部付近にも色々と良い店があって、ブルノはビール好きには楽しい町だった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ