ブルノ(Brno)は場所によって治安が悪い印象を受けた




チェコ第二の都市にして、モラビア地方最大の都市であるブルノにやってきた。

バスターミナルを降りて、中心街を通り、東側にあるホテルに向かったが、その時の印象というのは、あまりよくなかった。

町並みはそれなりに綺麗だったが、中心部を外れて東の方角に行くと、やたらと犬の糞が落ちているし、通りを歩いている人達も人相が良くない。

明らかにチェコ人といっても、元々そこに住んでいるような民族ではなくて、貧しい国から移民として働きにきているということがわかる。

彼らが二世や三世にあたるのか、それとも正に移民として移住してきた張本人なのかはわからないが、ブラディスラブスカー通りとか、セイル通りのような東側のミラディホラーコメー通り以南は、すさんだ雰囲気が漂っている。

4泊しか滞在しなかったが、ここで移民同士の喧嘩寸前の場面にも遭遇した。

どういった経緯で彼らはもめているのかは全くわからないが、筋骨隆々で、そこまで体は大きくないものの、いかにも男としての闘争本能の塊のような、30代頃のゴロツキ風の男が、もう一人のサラリーマン風の男を威嚇していた。

結局、お互いに手を出すことはなく、殴る前ふりのような動きを見せて、牽制し合うだけで物別れに終わったが、一触即発の雰囲気だった。

それ以外にも、3階から突然火のついた煙草を落としてくる若者がいたりとか、安心して歩けるような雰囲気ではない。

一概にブルノの治安が悪いというよりは、エリアによって大きく変わるという感じがした。

例えば、観光客が多い中心部というのは長閑な雰囲気で、規模も小さいので、それを狙った犯罪者が多く生息しているとも考え難い。

更に言うと、北側に行くと、高級戸建エリアになるので、先程のところとは全然雰囲気が違い、ミラディホラコメ通りより少し北の方に歩いて行くと、閑静でハイソな住宅街に変わる。

それ以外の場所というのはよくわからないが、スピルバーグ城のある丘から見る限りは、そこまで特別スラム化しているようなところもなさそうだし、しかしながら、栄えているという印象とも違っていた。

ブルノには、ビザの関係もあって、そう簡単に移住することはできないが、仮に住むようなことがある場合、とてもではないがブラディスラブスカー通りとか、そこら辺一帯のエリアというのは、安心して生活できる場所ではない。

又ブルノは、プラハとは違ってアジア人自体が少ないので、そういった意味で差別を受けるリスクもあるし、部屋を借りるにしても、周辺エリアの治安というのは、かなり気を付けて選ばないと痛い目を見ることになり兼ねない。

一般にヨーロッパの先進国、例えばドイツとか、イギリスとか、フランスのような経済の強い国は、移民による治安悪化にどの国も悩まされている。

移民の中でも、貧しい人が多く住み付く貧民街のようなものができると、そのエリアの治安というのは悪化しがち。

その予兆というのは、ブルノのような小さな町ですら見ることができた。

チェコ第二の都市とはいえ、人口30万人台という小さな町だが、そんな町にすら移民問題が押し寄せているということがうかがえた。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ