ハンガリー・ブダペストの物価の安さはヨーロッパでもトップクラスだった



今回のヨーロッパ周遊の中でも注目していたのがブダペストで、この街は物価や生活費が安く、街並みも美しいということで、移住先としても魅力的なのではないかという仮定の下で、約9年ぶりに訪れた。

ハンガリーと言うといまいち日本人には馴染みがなく、せいぜいハンガリアンソーセージぐらいしか特徴も思いつかないのだが、実際現地を訪れてみるとブダペストの街は非常に美しく、ヨーロッパの中でもパリに比較的近い雰囲気を持っている。

ただしそれはドナウ川の東側に限ったことで、西側に関してはもっと緑が多く、洗練された住宅街という印象がある。

アメリカやカナダでこういった街に住もうと思えば、ブダペストの倍以上の家賃を覚悟しなければならないし、ニューヨークなら4倍程度が目安になる。しかしハンガリーは物価の安い国なので、コストを抑えながら生活できるというのも嬉しいところ。

ブダペストはただ単に物価が安いということだけではなく、コストパフォーマンスに優れているというのがヨーロッパ各国を回ってみて、さらには東南アジアで暮らしてみた感想。

たとえばスーパーで売られている1個30円から40円のクロワッサンであっても、東南アジアで100円以上出して買うクロワッサンよりもおいしかったりする。

サクサクとした食感は翌朝まで残り、バターの豊かな風味も健在。

レストランに入れば、ブダペスト中心部の観光客向けのレストランはともかく、それ以外のところであれば1000円くらいでビールまたはワイン一杯と肉料理、そして突合せの野菜やポテト等を食べられる。

もしこのレベルの洋食を東南アジアで食べようと思えば、お酒の金額も含めるとやはり1500円から2000円はかかり、いわゆる新興国で生活コストが安いと言われている国より、かえってハンガリーやその周辺のポーランド、チェコといった国の方が、ものによっては安く感じる。

特にヨーロッパの場合、食料品が安いイメージがあり、さらには酒税が低く設定されているので、ビールやワインが安く飲める。

たとえばバーに入ってビールを一杯飲むとしても、150円ぐらいあれば十分なので、本当に安くて良いものを食べたり飲んだりできるという印象。

ヨーロッパはオーガニックの中でも、オーストラリアとともに世界をけん引する位置にあって、アメリカのような基準の緩さではないので、そういったこだわった生活をするのにも良いし、ビールやワインであれば非常に歴史のある国々が切磋琢磨してクオリティを上げることを繰り返してきたので、それだけレベルが高い。

普段は東南アジアで暮らしているとどうしてもビールの質というのはかなり雑なものがスタンダードになってしまう。

たとえばシンガポールのタイガービールとかフィリピンのサンミゲルと比べて、ハンガリーで飲むビールというのはやはりつくりが細かいし、明らかに質が高い。

食事の面に関していうと、日本人になじみの深いところでは、ピザが本格的なピッツァリアでもマルゲリータで600円ぐらいからに設定されていることが多く、ブダペストの物価の安さを感じるところ。

この辺りというのは良質な小麦が栽培されているので製造コストが安いし、イタリアから近いということもあって文化的にもピザを作るということは昔から行われている。

こちらでピザを食べるようになると、もう日本に戻ってから何倍もの値段を出して宅配ピザを頼む気になれない。

何しろもっと質の高いものが半額を下回る金額で買えるのだから。

ハンガリーと言うと料理にはハンガリアンソーセージを思い浮かべる人もいるだろうし、パプリカを連想するかもしれない。

ただしパプリカに関してはそのまま使うということはまれなので、意外と意識することはなかったりする。

あとはグヤーシュと呼ばれる名物スープもあるが、こういったものも日本人には味覚として合っていると思うし、ハンガリーやその周辺の東欧で、食事のまずい国というのを思い浮かべてもルーマニア以外では浮かばない。

ここ最近は1年のうち90日近くをヨーロッパで過ごしているが、まったく飽きないし、ブダペストに1ヶ月間滞在した時にも食事がまずいと思ったり、味に飽きてしまったりしたことはなかった。

実はマレーシアに住んでいた時には、現地の料理に途中で飽きてしまって、食べたくないどころか屋台の前を通ってにおいをかぐのすらも嫌になってしまったが、そういったことがないというのも洋食の強み。

やはり本格派の料理ではなかったとはいえ、昔から洋食は食べ慣れているわけなので、そういった意味で日本人の味覚には親和性が高い。


生活費は東南アジアの首都レベル

ブダペストの街を歩いていると、中心部よりもう少し東側のASTORIA駅をもう少し南に下ったところでアパートメントの張り紙が目に入った。

こちらで言うアパートメントは日本で言うところのマンションに該当する。

どうやら新築らしく非常にきれいなつくりだったが、月額の賃料が6万5千円ぐらいと決して高くなかった。

ブダペストはハンガリーの首都で、日本で言えば東京に当たる街なので、当然ながら他の街に比べれば規模は大きいし、賃料も高い傾向にあるが、それでもこのくらいでワンベッドルーム、つまり日本で言うところの1LDKを借りることができる。

ブダペストに関しては今後も移住の可能性というのを考えていたので、普通のホテルも泊まったがそれ以外に、ホテルアパートメントにも宿泊してみた。

そしてそのホテルアパートメントの一部には長期貸し出しをしているところもあったが、たとえば半年間契約すると月当たりの家賃が6万円とかそのくらいの物件もあって、それでもやはり1LDKのつくりになっているので、独り暮らしには十分なスペースがあるし、これであれば下手に東南アジアの首都、たとえばバンコクとかマニラ、クアラルンプールで部屋を借りるよりもかえって安い場合すらある。

現在東南アジアの新興国に関しては、大都市部分においてコンドミニアムの料金が家賃売却額ともに高騰する傾向にあるので、6万円や7万円くらいの物件であるとそれなりにグレードの低めのものに限られる。

もっともプールやジム等の共有部分が充実しているというメリットはあるが、それを差し引いて考えても同じくらいの生活費でハンガリーだったら暮らすことができる。

食料品に関しては、こちらも非常に安く、街中の市場に行ったりするといちごが1㎏400円ぐらいで売っていたりと日本よりも安かったりするし、月に15万円あれば贅沢をしない暮らしであれば十分にできる。

贅沢をしないと言っても、基本的に外食で済ますぐらいの感じで、朝だけ自分で買ってきた果物をちょっと切るとか、そういった暮らしができる水準の物価ということになる。

ブダペストであれば市内交通も地下鉄が走っているので、いちいちタクシーを使ってトラブルに巻き込まれたりするような心配もないし、安くストレスなく移動できるというのも嬉しいところ。

こうして考えてみると、本当に旅行先としても移住先としても魅力的な街だとつくづく思う。


ブダペスト以外の街は?


ハンガリーの物価を旅行者目線で考えると、首都を離れても大きなメリットは感じなかった。

たとえば、デブレツェンやエゲル、ペーチも訪れたが、ホテル代がブダペストよりも安かったのはペーチぐらい。

エゲルやデブレツェンは競争がブダペストよりゆるいためか、ホテルの質の割には料金が高めで、費用対効果はいまいちだった。

レストランの価格も特に変わりはなく、ブダペストのドナウ川沿いの観光客向けの店を避ければ、違いは感じないレベル。

むしろハンガリー国内を夏に移動すると、時々エアコンのない鉄道があるので要注意。

クロアチアのザグレブからペーチ行きの列車と、ブダペストからエゲル行きの列車がそれだった。

夏には最高気温が35度を越す日もあるハンガリーで、エアコンなしの車両はさすがにつらい。

窓を開けても焼け石に水で、ペーチやエゲルに到着する頃には汗だくになってしまった。

もしハンガリーを周遊するなら、真夏以外の季節をお勧めする。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ