ブルガリアではほとんど英語が通じない




ソフィアにやってくる前には、バンコクにいたが、この町においては、英語よりも日本語の方が通じるのではないかと思うほど、とにかく英語が通じない。

更に言うと、一部のレストランは、英語表記すらなかったりもするし、英語表記がある店でも、ウエイターやウエイトレスは、ほぼ英語が話せないと思った方がよく、私自身もいつの間にか英語で意思疎通をするということがなくなり、身振り手振りといったジェスチャーでこちらの言いたいことを伝えることが多くなっていた。

そこからブルガリアにやってきたわけだが、ここはヨーロッパの中でも、特に英語ができない国の1つなのではないかという風に肌感覚で感じている。

ホテルのフロントは、おおむね問題ないものの、ベリコタルノボのホテルにおいては、夜にいたフロントスタッフはほぼ英語が分からず、こちらが何か質問をしても、朝になってもう一度来てくれということを繰り返し伝えるだけの、テープレコーダーのようになっていた。

そして朝の人に話ても、向こうも英語はカタコトらしく、対応はとても丁寧で気持ちのいいものだったが、語学力においては、各国のホテルのフロントスタッフとしては見劣りする感が否めなかった。

ましてこれが町中ともなると絶望的で、英語で話かけて英語で返答が返ってくることはまずない。

更に言うと、鉄道のチケット売り場でも英語が通じたことがなく、ソフィアからプロヴディフに行くための切符を買った時も、結局到着時間は全く確認できず、途中で乗り換えが必要かどうかとか、そういったことについても返答が返ってこない。

そして、その切符を見ても、英語は一切表記されていなく、旅行者にとっては全くチンプンカンプンな文字が並んでいるに過ぎない。

これは、プロヴディフでベリコタルノボ行きのバスのチケットを購入した時も同じだし、ベリコタルノボやルセでバスターミナルや鉄道駅に行った時も全く同じ。

どういうわけなのか、ここまで駅員や車掌が英語を使えないのに、レストランの店員は簡単な英語は話せたりするので、そこら辺はブルガリアの英語力の不思議なところ。

通常であれば、旅行関係の職業の人の方が英語力が高いことは多いが、そもそもブルガリアの平均所得と、レストランの価格の関係を考えると、外国人の来客が多く、英語力が高い人というのは、ある種の観光業の一環のような形で、レストランに就職しているのかもしれない。

それにしても、もう少し国内移動についても、英語が話せるスタッフを配置してほしいと切に願った。

但し、ブルガリアにおいても、若い世代の方は、教育水準が上がっている模様で、鉄道に乗っていても車掌に何か話しかけると、彼は英語を話せず、中学生や高校生ぐらいの少年を通訳として連れてきて、訳してもらうということがあった。

ヨーロッパだからといって、英語が通じる国というのはむしろ少なくて、だいたいはカタコトかブルガリアやスペインのようにボロボロかという二択で、日本人やアジア人が特別英語ができないわけではないというのは、色々なところを回って感じている。

しかしながらブルガリアというのは、その中でもかなりひどい印象。

道行く人が、英語を話せないぐらいは当然としても、旅行業関係までこのレベルでは、先が思いやられる。

たいして観光資源がない国でもあるが、このような状態では、益々個人旅行者が寄り付かなくなってしまうのではないかと心配になった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ