ブルガリアは長期滞在には向かない町だった




ソフィア、プロヴディフ、ベリコタルノボと主要三都市を回ってみて感じたのは、ブルガリアは一度ぐらいは観光旅行に来る価値はあっても、ロングステイや長期滞在にはあまり向いていないということ。

東欧の中でも物価が安く、ヨーロッパの生活を東南アジア並みのコストで、満喫できるという意味では、確かに魅力的な部分もなくもないが、それ以外の東欧の町と比べた場合には、明らかに住み心地が見劣りする。

それぞれの町ごとに理由が違うが、まずは首都のソフィアについて言うと、とにかく歩いていてタバコ臭く、自動喫煙で鼻の粘膜が痛くなった。

これまでも、国や町によって、車の排気ガスによって、空気が汚染されていると感じることはあったし、最近はそういったこともあって、自然がたくさんある緑豊かなところに住みたいと思うようにもなっていたが、ソフィアというのは全く違う理由で空気が汚かった。

そしてこれは、そこら辺の道を歩いていて、事実上避けられないことなので、どうしょうもない。

ブルガリアという国は、経済発展も止まっているし、旧共産主義時代の建物と思われるようなものも多数残っていて、時代から取り残されている印象がある。

ヨーロッパだからといって、所得水準が高いわけでもなく、急速に発展しているわけでもないという意味で言うと、新興国よりもむしろ多くの問題を抱えており、喫煙等の状況を考えても、先進国とはほど遠い状況にある。

そしてそれが急速に今後変わっていくようにも思えない。

そういったことを考えると、世界的禁煙ブームの中で、ブルガリアというのは、まだまだその影響を悪い意味で受けていないということになる。

更に言うと、中心部の一角にレストランが集中しているので、それ以外の場所においては、まともに食事をする場所がないということもある。

ホテルで食べるという手もあるが、もしコンドミニアムやアパートを借りて、長期滞在をするのであれば、そういったことも難しくなると思うので、なかなか厳しいところ。

ちなみにヨーグルトは、世界的な規格商品としての要素が強く、日本で食べてもタイで食べてもブルガリアで食べても、ほとんど味は変わらない。

そしてビフィズス菌が腸内環境に働きかけるプラスの作用よりも、結局自動喫煙によるマイナスの作用の方が、個人的には大きいように感じた。

続いて人口で2番目の都市となるプロヴディフについては、こちらはまず一つ目に退屈な町であるということと、さほど風光明媚でもないこと。

オールドタウンの部分については、確かに往年の面影はあるものの、非常に石畳が粗く、道が歩き辛い。

更に言うと、そこに坂道が加わるので尚更。

そして、メインストリートと、その1本はさんだところぐらいにしかレストランはないので、こちらも案の定食べるところは少なく、レストランが非常に貧相で、4泊しただけでも食べるところの選択肢がなくなってしまった。

最後にベリコタルノボに行ったが、ここが一番有力な感じがした。

レストランが少ないのは他と同じではあるものの、人口密度が低いので、比較的空気もきれいで、旧市街周辺であればそれなりに食べるところもあり、環境も悪くはない。

とはいえ、長期滞在に向いていると言えるほどベリコタルノボに魅力があるわけでもなく、結局のところ東欧の中でも非常にどうでもいい国という位置づけになってしまった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ