ケアンズへの移住を現地視察しながら検討した結果




今後、ケアンズを移住先の候補に入れるかどうかを視察するため、
成田空港から飛んだ。

今後の居住地を探すために世界一周中だが、
その途中で3年ぶりに日本に立ち寄り、
そこからオーストラリアに飛んだ。



これまではアジア中心に考えていたが、
それ以外のエリアも見てみたい。

その思いが世界一周を始めた動機の1つで、
今回のケアンズやシドニー、メルボルンの視察も
移住候補地を決めるための重要な動きとなる。

今までは海外に住むときも下見なしだったが、
これからはもっと慎重に考えてもいいと思っている。

日本、マレーシア、フィリピンに続いて住んでみる国を
より広い範囲から見つけ出すために。



ケアンズに着くと、
まずは空港からホテルまでタクシーで移動した。

バスも出ているという話だったが、
タクシーがどのくらいの料金かを見たかったので。

東南アジアの感覚に慣れていたので、
ぐんぐん上がっていくメーターの動きには驚いたが、
考えてみれば日本もこのくらいだった。


物価が高いのは当然分かっていたが、
皮膚感覚で体感するのは一味違う。

この勢いでメーターが上がっていくとなると、
マレーシアやフィリピンで暮らしていた時のように
気楽にタクシーは使えなくなるのだろう。

もっとも、ケアンズは小さな街なので、
郊外に行く時以外は長い距離を動くことは少ないはず。

その意味では、そこまでの負担にはならないのかもしれない。



それから市内を見て回ったり、
せっかくなのでグリーン島やキュランダといった
郊外の観光名所にも立ち寄ってみた。

どちらも夕方には戻ってこれるので、
日帰りで十分な場所。

日が暮れる前にはケアンズに帰れる。

逆に、そういう場所に行かない限り、
特にやることがない。



数日間滞在しながら、
移住して住みやすいかどうかを見てきた。

不動産の賃貸価格もチェックしたし、
スーパーやレストランの物価調査も行った。


その結果としてたどり着いたのは、
よほどの動機がなければケアンズへの移住はないということ。

この街は物価が高いため、
現在の生活水準を保とうとすれば
支出が3倍程度になる。

家賃を考えると、それ以上かもしれない。


サラダが1,500円ほどする街なので、
今のように自炊をせずに外食だけとなると
食費だけでも大きな金額になる。

量はやたら多いが・・・。

日本料理も定食で2,000円程度から。



さらに、現地ではルームシェアが主流というが、
それも納得の不動産価格だった。

人と共同生活を送りたいとは思わないので、
一人で暮らすとそれなりに費用がかかる。

これなら東京で生活するほうがコストは安い。


空気はきれいだし、
海や山が近くにある環境も魅力的。

しかし、わざわざケアンズに移住したいとは思わなかった。


現実問題としてビザの厳しい制限もあるが、
それを除いて考えてもなしだと感じる。



何か特別な動機があって
ケアンズに移住するというのなら納得できるが、
特に必然性がないのであればスルーしたい。

それは物価の高さも大きな要因だが、
結局は田舎町なので退屈ということもある。

本当にのんびりしたいだけならともかく、
まだ今の年齢で住みたいとは感じなかった。


開放的な気分で隠居のような暮らしをするのなら、
ケアンズという街はありかもしれない。

しかし、個人的にそのような趣向は今のところないし、
ひとまずは今後の移住先候補への追加は見送り。

オーストラリアで最初の街は、
ある意味案の定の結果となった。



それにしても、
ケアンズは天気が変わりやすくて困った。

朝は晴れていても、
1時間もしないうちに豪雨に変わったりする。

この天候の変わりやすさがたまたまなのか、
こうした傾向にあるのかは定かではない。

まだ暖かい季節だから良かったものの、
冬にまでこれだと辛い。



そして、移住先としてはともかく、
旅先として訪れるのならケアンズは良い街だった。

観光産業を重視しているだけあって、
ホスピタリティも高い。

日本語を話せる人(というより現地で働く日本人)も多いので、
言葉の面でもかなりハードルは低い印象。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ