フィリピンがコールセンター事業でインドを超えた




アジアの中では英語ができる国としてフィリピンは知られる。

実際、海外に出稼ぎに出る人も常に国民の1割ほどいるし、
各国からコールセンター等がフィリピンに進出してきている。

国境を超えたアウトソーシングの場として、
語学力があって人件費が安いというのは
魅力的な条件なのは間違いない。



同様にコールセンター事業で有名なインドを、
ついにフィリピンが追い抜いたという。

ちなみに、インドは好景気のために離職率が高く、
コールセンターだと年間に50%以上にのぼるらしい。


私が日本で派遣社員として勤めたことがある
大手通信系の子会社の場合だと、
15人弱いた同期が10ヶ月の間に私の他に1人になっていた。

私も10ヶ月目で退職したので、
残る1人が2ヶ月以内に止めると年間離職率100%に。

それに比べるとそこまで高くない気もするが・・・。



とは言え、インド人のなまりの強い英語は評判が悪く、
顧客をさばく割合もフィリピン人の方が20%ほど
効率がいいという調査も出ているらしい。


さらに、マニラからセブへと拠点を移す企業が増え、
ますます人件費が下がっている。

賃料にしても、
マカティよりもセブのほうが75%以上安いため、
余計なコストを抑えられる。



すでにマニラは人が集まりすぎていて、
人口密度も世界的に見て高い状態になっている。

周辺地域を含めたマニラ首都圏であれば、
東京以上の人口密度。

しかも交通インフラが弱いために渋滞が日常茶飯事になり、
動きを取りづらい状態になっている。



そうした意味でも、
地方に産業が分散されるのは国益にもなるはず。

すぐに鉄道網が整備されることは期待できないし、
人口の集中を防ぐのは生活の質を上げるためにも急務。

マニラに一極集中するよりは、
セブやその他の地方に移動する企業が増えればいいと思う。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ