カナダの物価を主要4都市で調査してきた




今回の世界一周の中で、カナダの物価も調べてきた。

訪れたのは日本人にとっても馴染み深い街として、
バンクーバー、オタワ、モントリオール、トロントがある。

他に最東端の近くにあるハリファックスにも行ってきた。



まずはフランクフルトから大西洋を越えてハリファックスへ。

ここは何か目的があったというより、
移動の中継点でついでに何日か滞在してみただけ。

そこからオタワに移動したら急に気温が10度ほど下がった。

カナダの気候を肌で感じながら服を買い、
10月下旬でありながら気温5度という状態に適応した。

この時の感覚では、服は日本と大差ない感じだった。


この数年住んでいた東南アジアと比べると割高だが、
物価が極端に高いという感じはない。

東欧と比べても、変わらないのではないかと思う。



そこからモントリオールに移動して街を見た後、
今度はトロントへも行ってきた。

世界一周を始めてから小さめの街が多かったので、
トロントは久しぶりに見る大都会だった。

先進国に来て、不思議とマカティを思い出したりしながら、
ナイアガラへも立ち寄った。


基本的にカナダのホテルは
1万円前後で中級ホテルということが多いが、
ナイアガラは5,000円程度だった。

10月も終わりということで、
オフシーズンだったためかもしれない。

遊覧船もそろそろ冬に向けて営業をやめる時期だったので。



ただし、ナイアガラもホテル意外の物価は安くない。

他の街と同じく、
ハンバーガーをレストランで食べれば10ドル程度から。

そこに税金とチップが上乗せされるので、
3割増しぐらいになる。

それでもオーストラリアに比べると割安感があるが、
内容の割には物価が安いとは言えない。

ただし、カナダは環境がいいので、
その点も考えるとそれだけの価値があるとも言える。

やたらと損をしている感じはしない。



そこからアメリカを3都市(NY、フィラデルフィア、ワシントン)周り、
今度はバンクーバーにやって来た。

ナイアガラのホテルは他の街と比べて著しく安かったが、
ここはスーパーは見つからなかった。

ホテルで聞いても、近くにはないと言う。

車社会のため、離れた所に大型店でもあるのだろう。



それ以外の街ではスーパーやレストランで物価調査をしたが、
基本的には似たような状況だったのでまとめておこうと思う。

まずはレストランの価格。

先ほどのハンバーガーの例もあったが、
基本的には表示価格が10カナダドルを越えたぐらいから。

実質的に選択肢が増えるのは15ドル程度からで、
どちらも飲み物や税金、チップを入れる前の価格。

そのため、普通に食事をして飲み物を頼んだだけで、
支払いは20ドルを超えるぐらいになってくる。


安い店に入りたい場合、
簡単なメキシコ料理やトルコ料理の店がある。

こちらは数百円代後半ぐらいになる。


和食レストランも多く、
10ドル弱から色々な店を見つけることができる。

カナダでも寿司の店が多いが、
それ以外にも牛丼やラーメン、居酒屋等、和食の種類はそれなりにある。

食べてみた感想としては、
正直海外での和食でもフィリピンやタイに劣る感じが。

物価が高い分だけコストパフォーマンスが落ちるのはもちろん、
純粋に質で考えても東南アジアに負けている印象を受けた。

これは私の個人的な主観だし、
たまたまハズレの店ばかりに当たっただけという可能性も否定はできない。


スーパーに入って物価を調査してみたら、
キューイが4個3ドル、
アボカドが1個99セント、
鳥が丸々一羽で15.43ドル、
チョコレートプリンが4リットルで4.99ドル、
サンドイッチが4ドルから5ドル、
酢漬けのオリーブが2ドル等。











日本と比べて物価が高い感じはしないものの、
冷凍食品やアイス、お菓子類を見るとパッケージが大きく、
その点で不便な感じがした。

一人暮らし用の量としては過剰すぎるものが目につき、
このへんは欧米の感覚が丸出しになっていた。

カナダはバンクーバーをはじめとして
日本人やアジア人も多く移住している。

しかしながら、スーパーの陳列等はあくまで欧米諸国のものだった。



近くの、というより隣の国であるアメリカと比べると、
カナダの方がレストランでの食事代等の物価は割高。

しかしながら、大都市のホテルを比べれば
むしろニューヨークやワシントンの方が高い感じがする。


また、生活環境としてはカナダのほうが
きれいに整えられている部分が多い。

アメリカはいまだに荒んでいるエリアはひどいし、
そうした場所が散見されるので。


バンクーバー、トロント、オタワ、モントリオールと
仮にカナダに移住するなら候補になる街を見てきたが、
個人的にはバンクーバーとモントリオールが気に入った。

とは言え、この国は物価の他に気候の問題もある。

今回は10月から11月にかけて、
アメリカも含めて北米に1ヶ月ちょっと滞在したが、
その時期でも寒すぎた。

冬のピークを迎える1月にはとても過ごせそうな気がしない。

暮らすということを考えると、
この点がもっとも大きな障害となってくるのだろう。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ