セブ島への移住費用は家賃2ヶ月分だけ!?




今回のセブ島への移住費用は、驚くほど安くで済んだ。

日本国内で引っ越す場合であれば、一般的に敷金礼金と不動産会社への仲介手数料を支払い、引っ越し業者に荷物を運んでもらう場合であれば、そちらの費用も発生する。

最近だと礼金が必要のない物件も増えているとはいえ、前払いの家賃も含めると、それなりの金額になることも多く、国内であっても近場であればともかく、いくつも県境をまたいで引っ越すような場合であれば、引っ越し業者への支払いというのも、それなりの出費になってくる。

更に言えば遠方の場合、引っ越し先の物件を探すのも一苦労で、交通費であったりとか、場合によってはホテル代を支払って、不動産を見に行かなければいけなかったりもする。

今回のセブ移住については、元々住むことを決心して訪れたわけではなく、旅行のついでに賃貸物件を見て、気に入ったら住み、そうでもなければ、そのまましばらくセブでホテルに泊まるか、もしくはそもそも他の国に行こうと思っていた。

1年半ほどホテル暮らしをしていたので、この辺りはかなり柔軟に考えていたし、何が何でもセブに移住しようという思いがあったわけではない。

そんなこともあって、今回の移住費用に、航空券代やコンドミニアムに、入居するまでのホテル代を入れるべきかどうかというところも、かなり微妙なところで、仮にそれを参入しないとすれば、前払い家賃1ヶ月と、デポジットの費用として1ヶ月分、合計で家賃2ヶ月分のみで移住できたことになる。

通常であれば、不動産会社への仲介手数料が必要になるところだが、今回はその会社の自社物件ということで、手数料もかからなかった。

デポジットについても、通常であれば退去後に戻ってくるわけだし、前払い家賃というのは、特別な費用ではなくて、あくまでも通常の家賃を最初に払ったというだけの話なので、ある意味ではほぼ無料でセブ島に移住できてしまったことになる。

航空券代等を参入するとしても、チェンマイからセブへの航空券というのは、片道1万5千円ぐらいだったし、そこに1週間分のホテル代を加えたのが、移住費用ということになり、どちらにしても大きな額ではない。

何よりも家具や家電が完全に揃っていて、タオルやシャンプー等のアメニティ、更には食器や洗剤といった細かいところまで用意されていて、ホテルとほぼ同様の設備になっているため、旅行の一環としてやってきて、そのまま住み付くことができるというのは、非常に便利な環境。

タオルに関しては、用意されている分だけでは足りなかったので、バスタオルを買い足したが、それ以外はこれといって、何かを用意することもなく、そのまま住み始めることができる環境が整っていた。

こうなってくると、東京から福岡に引っ越す場合の費用よりも、東京からセブに移住する場合の方が、コスト的にも安いのではないかという風にすら思ってしまう。

もちろん住むためのコンドミニアムを見つけるのに時間がかかれば、その分のホテル代がかさむので、逆転は十分に有り得るが、すんなりと物件を見つけることさえできれば、驚くほどコストを抑えることができる。

もちろん利用する不動産会社によっては、仲介手数料等が上乗せされるので、もっと費用はかかってくるが、そこら辺もやり方次第では、低コストに抑えられるというのが、今回の経験で分かったこと。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ