セブ島の不動産投資のリスクの大きさを現地在住者が語った




フィリピンで初めて不動産投資を行った場所はセブ島だった。

当時はまだ円高だったし、コンドミニアムの価格もそこまで上がってもいなかったので購入を決めたが、その後も物件価格というのはどんどん上がってきて、更に言えば、円安に為替がふれたため、日本円をフィリピンペソに両替して、支払いをするという場合には、負担感が大きくなっている。

それでも未だにフィリピンの不動産投資というのは、注目されているし、会う人から意見を求められることも少なくない。

これまでフィリピンでは、マカティに一年間住み、更にセブ島には何度も訪れた末に、現在は移住をしてきて、こちらで賃貸コンドミニアムを借りて暮らしている。

私が購入したのは、新築のプレビュード物件になるので、まだ今のタイミングでは物件が完成しておらず、自分で住むことはできないので、人の物件を賃貸で借りている。

既に1軒、セブ島には不動産を持っているということもあるが、仮にその条件がなくても、今のタイミングでこの島に投資をするかと言われたら、答えはNOだろう。

その理由について、その答えはどうなるのか、現地在住の投資家として率直なところを記しておくことにした。


セブ島のエリアごとの特色

まず一言で言っても、セブ島は場所によってそれぞれ特色もあるし、生活環境が大きく異なる。

当然ながら投資をする上で、その不動産の立地というのは、非常に重要な条件になるし、セブ島であれば、エリアによって、全く別の町と言ってもいいぐらいに環境が変わる。

例えば、マクタン島の中でもシャングリラホテルや、ムーベンピックホテルがあるようなエリアというのは、リゾート化が進んでいる場所。

ある意味で言うと、観光客目線でのセブ島らしい場所と言える。

ここら辺であれば、いくつかコンドミニアムもあるし、ムーベンピックであれば、ホテルだけではなくて、レジデンスという居住エリアもあるので、そういったところに不動産を購入することもできる。

この辺りは、リゾート地としての価値が高く、部屋によってはオーシャンビューなので、そういったところでも価値が高い反面で、高級ホテルに隣接したレストランがある以外は、生活環境としてはあまり整っていない。

タクシー等を拾って、わざわざ町まで出なくてはいけないので、ロングステイをするという視点で見るとかなり不便。

こういったことを嫌って、このマクタンの南東部を敬遠する人も多い。

マクタン島も中心部になると、それなりの利便性ではあるものの、空気が綺麗なわけでも、緑が豊かなわけでもなく、利便性もセブシティの中心部には大きく劣るので、空港が近いという以外はあまりメリットを感じなかった。

日本人や外国人が多く住むセブシティの場合であれば、渋滞がひどいエリアなのと、信号がまともに整備されていないので、道を一本渡るだけでも、命がけになったりする。

そういった事情を考えておかないと、道の向こう側かこちら側かで、不動産価格も大きく変わりかねないし、賃貸付けをしやすいかどうか、あるいは入居した人が契約を更新してくれるかどうかということにも、大きく関わってくる。

私も、自分の賃貸している物件はセブシティにあり、比較的周りに緑が多くて、尚且つアヤラモールからも近い所を選んだ。

これであれば、レストランも多数入っているし、レストランも多数近くにあるし、セブシティの多くに見られるような空気の悪さもない。

空気が綺麗であるということは、必須条件として仲介会社にも伝えておいたが、その条件に似合う物件を紹介してもらえた。

他にも、マンダウェイというセブシティと隣接している町も人気が高く、こちらはよりマクタン島に近い位置にある。

但し、この辺りというのは、原則として排気ガスはかなりひどく、個人的にはロングスティをするには気が進まないエリアだった。

更には、セブシティをもっと東の方に行けば、リロアンというエリアがあるし、西の方に行けばタリサイがある。

こちらになると、自然が多くなる半面で、利便性は著しく落ち、場所によっては1人で外国人が出歩くことに、危険を感じたりもする。

というのも周りが、スラムというわけではないが、明らかに貧民街のようになっていたりするので、視察を兼ねてホテルに泊まってみた際も、タリサイの方は気楽に外を歩けるような雰囲気ではなく、主にホテルの敷地内で過ごすことになった。


限られた外国人需要の奪い合い

日本人がセブ島で、不動産投資をする場合、対象となる物件の多くは、外国人居住者を想定しているような物件となる。

世界的なリゾート地であり、更にロングスティ先でもあるセブ島には、たくさんの外国人がいることは事実だが、当然ながら無尽蔵に湧いて出るわけでもなく、更に言えば駐在員の場合、コネクションのある不動産会社から、継続的に物件を仲介してもらっているので、新しい物件が完成したからといって、そちらに簡単に鞍替えしてもらえるわけではない。

ほとんどの国においてそうであるように、フィリピンのセブ島においても、外国人居住者のかなりの割合は駐在員に占められ、その部分については、仲介会社の主案というか、既に築き上げている会社との関係性によって左右される部分なので、そういったことを考えずに、とりあえず物件がいいというだけの理由で、コンドミニアムを購入しても、思ったような投資収益を得られないし、そもそも賃貸付け自体が難航しかねない。

特に近隣に新しいコンドミニアムが一斉に建つような場合には、値崩れを起こす可能性もあるので、そういったことも考慮しておく必要がある。


新築か中古か

フィリピンにおいては、まだ建物の完成前、あるいは工事着手前から購入できる、プレビルドという案件も多い。

この場合のメリットは、完成した物件を購入するよりも、安くで買えるということ。

デベロッパー側としても、資金調達をしながら物件を作っていけるので、キャッシュフローを有利に回しやすくなる。

デメリットとしては、完成せずに計画が頓挫するリスクがあることや、完成した物件を見ることなく購入することになるので、予想と違っていたということが起こりかねない。

例えば私が、同じフィリピンのマカティに住んでいた時には、すぐ近くの一等地に建築中のオフィスビルがあったが、どうやらそちらはフィリピンの有名弁護士が、旗振り役となって資金を集めたものの、途中で計画が頓挫し、工事が止まったまま1年以上放置されていた。

また、マレーシアに住んでいた時には、プレビルドの不動産で、本来1階に病院も併設される予定だったコンドミニアムが、資金繰りが厳しくなったために、病院を外して建設することになり、購入者からクレームが殺到したという話も聞いたことがある。

こういったことが、プレビルド物件のデメリットとなる。

すでに完成した新築物件の場合には、そういったことはないが、管理会社がしっかりとしたところなのかどうか、ということは判断しづらいというのが、デメリットとして挙げられる。

実際フィリピンの管理会社、一般にはアドミンオフィスと呼ばれることが多いが、これはいい加減なところが多く、居住者と接することも多いので、ここに不満を持たれると、契約の更新が難しくなる。

フィリピンの場合、一般的な不動産の賃貸契約というのは、1年単位となっており、前払い家賃を1年分納めるか、小切手を切るのが通常の支払い方法となり、契約期間の途中で出ていっても、契約満了時と同じだけの金額がかかる。

退去後の家賃が戻ってくるわけではないので、中途での退去が起きるのは問題ないが、契約満了時に更新してもらえないというのは、やはりデメリットとなる。

安定した家賃収入によるインカムゲインを得たいのであれば、長期の入居者が望ましく、その観点から見ると、管理会社の主案が確認できないというのは、かなり不安なところ。

中古物件であれば、それらの問題はクリアできるし、他の部屋のデータ等も見て、賃貸付けがしやすいかどうかということを、判断できるというメリットもあるが、当然ながら経年劣化等によって、建物が傷んでくると、どんどん価値は落ちていくことになる。

プレビルドや新築、中古のどれがいいということは、一概には言えないが、それぞれのメリットとデメリットは一考をしておく必要がある。


マニラと価格差がなくなってきているが・・・

首都マニラとセブ島の不動産価格というのは、どんどん差が縮まっている。

しかもセブ島の中でも、セブシティやマクタン島の一部の、所謂一等地に当たるようなエリアであれば、マニラの中でもマカティと同じぐらいの平米単価になってきているので、こうなってくると、その部分での価格の妙味というのは存在しなくなっている。

もちろんセブ島の場合には、首都であり大都会であるマニラと違い、田舎である反面でリゾート地でもあるので、その点のメリットであるのは事実。

しかしながらセブシティ側というのは、別に美しい海に面しているわけでもなく、一応海があるにはあるものの、すぐ向こうにはマクタン島が見え、景色として素晴らしいわけではない。

そしてマニラの経済規模というのは、セブ島の7倍とも言われており、不動産の賃貸市場にしろ、あるいは売買の市場にしろ、マーケットが大きいので、より流動性は高い。

そういったことを考えてみると、現在の条件であれば、わざわざセブ島に不動産投資をするということは、リスクが目立ってしまうという風に感じている。

更に言えば、マニラであっても、既に不動産価格が上がりすぎていて、キャピタルゲインを得るにしろ、インカムゲインを得るにしろ、なかなか厳しい状況になっているというのが現実。

こういったことは現地で投資修業を通じ、色々な物件やモデルルーム等を見て回って感じたところ。

今現在の市場関係であれば、フィリピンの不動産の中でも、投資対象となるのはごくごく一部だけで、特別な条件が不可されていない限りは、原則として対象外というのが妥当なところだと、個人的には評価している。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ