セブ島の物価には2つの基準が存在する




一般的な日本人からのイメージとして、セブ島は物価がとにかく安く、生活費にしろ旅費にしろ、破格で済んでしまうというイメージがある。

これはある一面では正しいし、また別の面では間違っている。

というのも、セブ島は日本とは異なる環境にあり、物価についてもダブルスタンダードが当たり前となっているため。

これは言い換えると、ローカルと外国人及び、フィリピン人の富裕層という区切りともいえる。

一般的なセブ島のフィリピン人の収入というのは、だいたい1万千ペソから1万4千ペソ程度と言われる。

これは日本円にすると、3万円程度なので、それで生活ができるということは、当然ながら物価は日本よりも大幅に安いという側面があるのも事実。

但し、実際にこちらに来てみるとよくわかるが、掘っ立て小屋やバラクといった言葉を連想してしまうような、簡易的な小屋もたくさんあるし、フィリピン人は大家族であることが基本であり、それについてはセブ島も例外ではない。

つまり多くの人が、一つの世帯で住んでいるために、生活費が安く済むという側面もあり、また生活水準というのは、当然ながら平均値として日本よりも遥かに低い。

こういった人たちを基準にして、物価を考えてしまうと、日本人が移住してきた場合や、あるいは旅行に来た場合に、思いのほか物価が高いという印象を持つことになる。

セキュリティのことを考えても、日本人がローカルな人と全く同じ生活をするというのは困難だし、そういった生活習慣を通常は持っていないわけなので、短期であればともかく、中長期となると神経が持たないということも、多々起こってくるはず。

となるとセブ島に移住をして、現地で暮らすような場合であれば、当然外国人としての暮らしが選択されるケースがほとんど。

そしてこちらのケースに関しては、セブ島という世界的なリゾート地であり、更にビザの条件も緩い国ということで、多くの移住者や旅行者を獲得していることを反映して、物価はそれなりに高くなる。

例えばセブシティの辺りであれば、1LDKの部屋であっても、家賃が10万円ほどするということは全く珍しくない。

ホテル代にしても、海に面していない町中の中級ホテルで、6千円とか7千円が比較的安めな金額で、和食レストランに行けば、ランチであれば600円から700円程度で済んでも、夜に飲みに行くとなれば、2千円、3千円、4千円といった金額は普通にかかってくる。

これはイタリアン等でも同じことで、軽くピザとスープと飲み物を頼んだだけでも、1500円から2千円程度かかることはざらにある。

こういった所得層の分離による物価のかいり現象が起っているのがセブ島で、同様のことが多くの新興国でも見て取ることができる。


典型的な外国人の生活費

では、セブ島に移住した場合に、一般的な外国人としての暮らしをした場合、どのくらいの生活費がかかってくるのか、という面から物価を見ていくと、単身者としても家賃は安くて5万円から6万円程度。

利便性が高く、綺麗な物件に住みたければ、10万円程度はする。

食費についても外国人向けのレストランであれば、1食で千円程度はすると見ておいた方がいい。

と言っても実際には、セブの中心部であるアヤラモールの中にも、中途半端な位置づけのレストランというのはあり、例えばスバローというイタリアンファーストフードの店であれば、ピザ2枚を食べても500円ぐらいで済むし、フィリピン料理を出しているレストランは、綺麗なところであっても、1食700円ぐらいで済んだりとか、完全にローカルに染まらなくても、そこそこ安めの金額で抑えることも可能。

更に電気代や水道代といったところは、日本よりは高い傾向にあり、1人暮らしの場合であれば、電気代がだいたい5千円から7千円ぐらいになることが多いかと思う。

通信費に関して言うと、プリペイドのSIMカードが一般的なので、携帯電話で通話やSNSを送った分だけ料金がかかるというのが、こちらではスタンダード。

その為、電話をどのくらい使うかによって、通信費は大きく違ってくるが、SIMだけ購入しても、一定期間お金を入れないと、番号が使えなくなってしまう。

会社によってもこの期間というのは違うが、だいたい3週間ぐらいすると、プリペイドの分のお金が消滅してしまうので、あまりまとめてお金を入れてもそれはそれで使えなくなってしまう。

実感としては、日本よりも通話料金は高めという印象があるが、そこら辺はやはりインフラのまだ整っていない国なので、やむを得ないところということになる。

他にも、ローカルの店で食事をしたりする機会を設ければ、1食200円や300円で済ませることは十分に可能だし、場合によっては100円ぐらいで済む。

私が先日、話しをする機会があったセブ島在住の日本人は、基本的にローカルレストランで済ませているので、1食の平均の食費というのがだいたい200円から300円程度ということだった。

バナナを揚げたものであるとか、日本でもなかなか食べられないものもあるので、かなり美味しくて珍しいものを楽しめると言ってたが、毎食ローカルレストランで、1年以上飽きずにいられる人というのは、かなりレアではないかと思うので、そこら辺はあまり楽観視しすぎない方が長期滞在をする場合には、いいのではないかという風に感じる。

ちなみに鶏の丸焼きであれば、道端の店だと180ペソぐらいで売っているので、500円もしないことになる。

更にマンゴーであっても、1個60円とかそのくらいで売っているし、こういった一部のものを見ると、物価の安さを感じる。


セブ島の物価の安さを感じる場面

フィリピンという国全般に言えることだが、物流のコストが高いのと、インフラが整っていないこともあり、所謂物の価格というのは、あまり安くはない。

ここで言う物いうのは、服であったり、家電製品であったり、あるいは家具や大半の食材等。

その一方で、物価が安いと感じる要因としては、フィリピンの人件費のコストが大きく関わっている。

その為、人件費がメインとなっているような状態であれば、驚くほど安く感じたりする。

例えば、マッサージであれば1時間150ペソ、だいたい400円ぐらいで受けられる。

タイと違って、スウェディッシュマッサージや指圧が中心となっており、あまり痛みを感じずに施術を受けられるマッサージが多いのが、フィリピンの特長。

もちろんタイ式のマッサージを用意している店もあるので、そういったところであれば、本格的なタイ古式マッサージを受けることもできる。

他にも町中であれば、100円以下で髪を切ってくれる美容院というのも見かける。

これについては、怖くて入ったことはないが、マカティに住んでいる時には、1度120円ぐらいの店に興味本位で入ったことがあった。

タオルの代わりに、ティッシュが首に巻かれたりとか、そういった驚きはあったものの、意外と技術はしっかりとしているし、とんでもない出来になるようなこともなく、意外とまともな髪型で帰ることができた。

こういった美容院に行ったのは1度きりだし、もう今後も行く予定もないが、経験としてはなかなか興味深かった。

では、ショッピングモール等に入っている、もう少しちゃんとした美容院であれば、どのくらいかと言うと、だいたい1500円から3000円程度がボリュームゾーンになる。

こちらではそこそこのランクの美容院でその金額なので、やはりここら辺も物価の安さを感じるところ。

タクシーであれば、初乗り運賃が40ペソ、だいたい100円なので、東京と比べると圧倒的に安い。

セブ島で生活をしたり、あるいは旅行に来ると、基本的な移動手段はタクシーになるが、それでも財布は優しいし、コスト的な意味でも負担はほとんど感じない。

こういった部分に関して言うと、セブ島といのは物価が日本よりも遥かに安い。

このようにローカルの人を対象にした店なのか、あるいは現地の富裕層や、外国人を対象にしているのかによって、料金帯というのは全然違ってくるし、人件費が関わってくる度合によっても、随分と様相を変えてくるのが、この国の特長。

全体的に言うと、マニラよりもセブ島の方が物価は安い傾向にあるものの、その差はそれほど大きくなくなっている。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ