セブのコンドミニアムのクオリティ




先日、セブの不動産を見に行ってきた。

基本的に見ていたのは、コンドミニアムばかりで、一戸建てというのは遠くから見ただけで、内装等は見ていない。

というのも、今回は小規模な物件が欲しかったというのがあって、一戸建てになってしまうと、どうしても金額が上がってしまうため。

セブの場合であれば、コンドミニアムも基本的に最近のものは小さな規模で、敷地面積が少ないものが多く、逆に10年前とか、その世代のものになると、2ベッドルーム、3ベッドルームあるのが標準になるので、比較的単価も高くなる。

日本と違って、新築のプレミアというのが幅が小さく、中古物件であっても金額が下がるどころか、物価の上昇と共に上がっていったりもするので、そこら辺は事情が違うところ。

ということで、本来であれば、プレビルドの物件を購入するというのも一つの選択肢であったものの、個人的にはこれまでプレビルドのものを買ってきたということと、物件管理の部分を重視したかったので、できれば中古の物件が欲しいと思っていた。

しかし、色々見てきた結果として、どうやらセブよりもマニラの方が、価格帯を考えてみてもお得感があった。

というのも、10倍以上の経済格差があるというのが、マニラとセブの実態だし、セブは観光地であるという強みがあるものの、そこまで賃貸付けに有利な条件という感じはしなかったし、2割、3割増しでマニラの物件を買った方が、今後のインカムゲインにしても、キャピタルゲインにしても、期待できるのではないかという感じがした。

ということを考えると、マカティで不動産投資の修業をしてきたのは、まんざら間違っていなかった模様。

今回セブも、物件を見て回って、様子を感じることができたし、まだまだ未発展の部分があることも理解できた。

例えば、道路一つとっても、舗装されていない道というのが、まだまだ存在する。

しかもこれは、そうとう辺鄙なところに行った場合の話ではなくて、セブシティの中心部の中でも、ちょっとそこから離れただけで、ごつごつとした石がむき出しの道であるとか、雨が降ったあとであれば、泥が跳ねるような道路というのが存在する。

今回、到着した日に雨が降っていたこともあり、車に水をかけられないようには気を付けて歩いていたが、いつの間にか泥を跳ねられていて、カバンが非常に汚れているということがあった。

こういった出来事は、ストレスにはなるものの、投資家としてみると、かなりプラスのポイントとなる。

というのも、例えば道を舗装するだけでも、物件の価値というのは上がるわけなので、今後の見通しというのは明るくなる。

まだまだ未発展の部分があって、尚且つ綺麗な海があるセブというのは、不動産投資の場面でも少なからず魅力がある町だと感じた。

例えば、同じアジア3大ビーチリゾートのペナンと比べても、海が綺麗であることは一目瞭然。

セブの中でも、どのエリアかということで、だいぶ海の綺麗さは違ってくるし、セブシティを南に2時間ほど車で行くと、本当に澄んだ海がある。

これに対してマクタン島の、シャングリラホテルの辺りであるとか、ここはそこまでセブの中でも美しいわけではないとはいえ、ペナン等に比べれば、遥かに綺麗だったし、コンドミニアム視察の合間に、思わず足だけ海に付けてしまったほどだった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ