セブの道路事情を見て投資対象としての魅力度を知る




セブに行ってまず印象的だったのは、ちょっと裏道に入っただけで道が全く舗装されていないところが多々あるということ。

これはジャカルタの道路事情にかなり通じる部分がある。

しかも雨が降ると泥だけになってしまって、車が泥を跳ねてバッグを汚されてしまったということもある。

この時は水がはねているということに気付かなかったものの、レストランについたらバッグがかなり汚れていることに築いた。

こういったことは旅行者や滞在者としていうと、完全にマイナスのポイント。

しかしながら投資家として考えた場合には全く逆のことが言えて、こういった不便さというのは改善する余地があるという部分だし、インフラというのは経済成長と共に確実に発展していくところなので、今後そのまま放置されるということはあり得ない。

しかもこうしたところがセブの中でもかなり中心部にあるようなセブシティーの中にも見受けられるので、今後発展する余地があることが窺える。

こういった未熟な環境というのは投資家として仕込みを行っていく上では、かなり有利な状況になる。

既に完成してしまった街の場合、そこから大きく値上がりするということは見込めないし、チャンスが少ないということになる。

それに比べるとセブの分かりやすい未熟さというのは、まだまだこれから長期的に伸びていく余地があるということを窺わせている。

しかしながらその一方で不動産価格を見てみると、マニラと比べてもそれほど割安感はない。

確かにリゾート地としての需要があるので、都市として負けていたとしても、そういった部分で対抗できる部分というのは分かる。

しかしながらセブの経済規模や需要を考えた時に、今後爆発的な伸びを見せるということはまず考えられず、堅調な推移を見せるのではないかと思う。

唯一大きな伸びを見せる可能性があると考えられるのは外積性の撤廃、もしくは緩和によって海外からお金が大量に流れ込むということ。

こうなって来た場合、不動産市場が大きく影響を受けることは十分に考えられる。

それにその動きというのは兆候が出てきているのでもしかしたら今年中に、もしくは来年くらいにはそういったことが実現するかもしれない。

しかしこういった外積性という外的要因を除けば、不動産自体が目を見張るような伸びを見せることはないのではないかと思う。

先ほど言った、まだまだインフラ等が整備される余地があるという話とは矛盾するような内容ではあるが、これは株式投資と同じで、既に不動産に今後の成長が組み込まれていると考えるから。

実際問題としてのいま現在のセブの価値として、不動産価格を見た場合には割高感があるし、もう既に今後の発展というのが価格に組み込まれて金額が高騰していると見るのが妥当なところ。

こういったことは世界中を資金が駆け巡っている中では当たり前な話で、どんどん価格差によるチャンスというのは失われていく。

セブにおいてもこのことは例外ではない。


ページの先頭へ