チェンマイの物価は噂通り安いのか?現地で確認してみた




タイの中でもチェンマイは物価が安い町として知られているが、その実態はどうなのかということを、現地にやってきて視察してみた。

まずは他の町と同じように、スーパーに足を運ぶことにした。

現地のタイ人がどのような場所で買物をしているのかを見ると、その国の品揃えであるとか、商品の質や物価が見えてくる。

今回行ったスーパーは、チェンマイの中心部から少し西側に行った、セントラルデパートメントストアーというところの地下にあるスーパーと、更にそこから西側にHUAY KAEWロードを進んだ、NAYAというショッピングモールの地下にある、ルンピニスーパーの二つ。

このルンピニスーパーの場合は、どうやら日本人も多く利用するようだし、ローカルの人向けというよりは、外国人向けの高級スーパーに分類されると思われる。

それ以外に、チェンマイでも多く見られるセブンイレブンにも、入って物価を確認してみた。

尚、この町では、コンビニというとほとんどがセブンイレブンの模様で、1軒だけローソンかファミリーマートを見た記憶があるが、それ以外は全てセブンイレブンだった。

物価としては、500mlのミネラルウォーターが6バーツ約20円。

330mlのローカルビールであるシンハやCHANGレオビールは、330mlでだいたい38バーツぐらい130円ぐらになる。

プリングルズのようなポテトチップスが50バーツ、だいたい170円ぐらいだったので、これは他の国と比べても特に安くはない。

バンコクでも売られている無糖の豆乳は、同じ商品でもチェンマイの方が2倍の価格になっていて、1リットルで50バーツだった。

スーパーを出て、屋台の金額を調べてみると、カットされたフルーツ、例えばパイナップルやパパイヤ、白や紫のドラゴンフルーツ、スイカ、メロン、そして少し珍しいところでは柿も売られていたが、店によって10バーツから15バーツだったので、だいたい40円から50円ぐらいということになる。

バンコクの場合は、冷やされていないことが多いが、チェンマイは下に氷を敷き詰めて、それなりに冷えていることが比較的多い印象がある。

果物以外の屋台の料理だと、ゆで卵が2個で10バーツとか、朝食としてはそれなりに量もある茹でた野菜が10バーツとか、やはりかなり安い。

焼鳥もだいたい1本で同じぐらいの金額となる。

チェンマイには、和食レストランも所々で見かけるが、ローカルフードのような店構えの店であれば、定食が90バーツから食べられるし、それなりにちゃんとしたところでも、150バーツぐらいあればセットのメニューを頼むことができる。

あまり和食のレベルが高いとは言えないものの、バンコクよりも金額は安いということになる。

それ以外だと、イラク料理に行った時、飲み物代を含めてだいたい1200円ぐらいだったし、メキシコレストランでは、なぜかいつ行っても白人客ばかりだったが、こちらはナチョスとフローズンマルガリータというカクテルと、デザートにフローズンパイを頼んで、だいたい1600円から1700円ぐらい。

他にもショッピングモールMAYAの中では、焼肉が399バーツで食べ放題とか、そういったものも見かけた。

ケーキだと、だいたい100バーツぐらいで売られているので、こちらの金額というのは、タイだから安いということはないし、バンコクやプーケットと比べても、チェンマイの価格優位性というのは特に見られない。


人件費の安さを実感するもの

チェンマイに来て、最初のうち印象的だったのは、タイマッサージの金額がとにかく安いということ。

1時間200バーツということは、バンコクと比べても50バーツほど安いが、セントラルデパートメントストアーの2階にあるマッサージ店では、タイマッサージが1時間150バーツから。

更に言うと、中心部の寺院に面した店では、1時間120バーツという店すらもあった。

フットマッサージや首、背中、頭のマッサージであれば、だいたい200バーツぐらいが多い。

オイルマッサージであっても、250バーツとか300バーツとか、人件費の安さが物価にハッキリと象徴されているという風に感じる。

MAYAの中には、日本語対応ができると書かれている美容院があったが、こちら500バーツということで、2000円しない金額となる。

移動費については、まず空港から市内中心部までのタクシーがメーターではなくて、料金定額制となっていて120バーツ。

市内交通としては、タクシーの他にトゥクトゥクやソンテウというものがある。

トゥクトゥクでナイトバザールの辺りから、市内中心部を抜けてその少し西側のMAYAの近くのホテルまで移動しようとしたら、こちらは片道100バーツだった。

その距離をソンテウで移動すると、20バーツもしくは30バーツになる。

不思議なのは、帰りにソンテウを拾うとしたら、誰も乗客がおらず、もうすでに帰るだけだったのか、そこまで行くからいくら払うかという風に逆に質問された。

本来ソンテウは、決まったルートを運行しているものだが、こういったこともあるらしい。

ちなみにソンテウというのは、フィリピンで言うジプニーと同じような乗り物だが、治安という面で言うと、ジプニーに乗るよりもチェンマイでソンテウに乗る方がかなり安心。

以前フィリピンに住んでいた時にも、ジプニーは基本的に使わなかったし、スリ等の犯罪が多いので避けていたが、チェンマイにいる時に、ソンテウに乗るのにはあまり抵抗がなかった。

最後にチェンマイの物価ということで、ホテル代についても触れておくと、こちらはバンコクよりもかなり割安感はあり、中級ホテルであっても3000円台とか、そのくらいから見つけることができる。

なんなら2000円台のホテルもあるし、町を歩いていてもゲストハウスで1000円台とか、そういった看板も見つけることができる。

利便性という面においては、バンコクに相当水をあけられているチェンマイではあるが、物価の面に関して言うと、かなり割安感が感じられるので、シニア世代が移住をして安い生活費で暮らしていくということであれば、この町は相当魅力的なのではないかと思う。

更に言うと、タイの場合80万バーツ、約300万円ぐらいの定期預金をタイ国内の銀行に入れるだけで、リタイアメントビザが取れるという非常に低いハードルで、移住できる環境が整っているので、そういった意味でも人気が集まるのは納得だった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ