世界の最低賃金ランキングと移住先としての魅力の関係




OECDが2013年の調査結果として、発表した数字によると、時給7.06ドル以上になると、最低賃金が最も高い国の上位10位に入るらしい。

10位はイギリスの7.06ドル。

ロンドンは非常に物価が高いという印象もあるし、1万円程度ではまともな中級ホテルに泊まることもできない。

更にちょっとした食事であっても、2500円から3000円ぐらいが飲み物代を抜きにしてもかかるので、むしろこの程度の時給で、暮らしていけるのかどうかということが、疑問な部分はある。

しかしながら、ロンドン以外の町に行けば、随分と物価も安くなるので、そういった意味で言うと、納得できる部分もある。

9位はカナダで7.18ドル。

ロンドンに比べると、モントリオールやバンクーバーの方が物価が安いイメージがあるが、最低賃金に関しては僅かにカナダの方が上という結果になっている。

そして8位はドイツ。

ヨーロッパで最も大きな経済大国は、7.19ドルの時給で第8位に入っているが、その後2015年には、最低時給を上げたらしいので、おそらく現在の順位で言えば、もう少し上にくるものと思われる。

第7位はニュージーランドで7.55ドル。

オーストラリアよりは、随分と物価も賃金も安いというイメージのあるニュージーランドだが、それでも世界の中で7位ということで、オセアニアの賃金や物価の水準が、いかに上がっているかということが伺える。

第6位はオランダで、ここから8ドルを超えて、8.2ドルとなっている。

福祉の充実や、先進的な政策、そして人口は僅かに1600万人ほどしかいないにも関わらず、世界最大の競技者数を誇るサッカーにおいて、FIFAランキング上位に入り続ける実力を、持っている国となる。

最近は日本人が労働をする際に、労働許可証を取らなくて良いという判決が出たことでも、注目されている移住先。

第5位はフランスで8.24ドル。

こちらもパリとそれ以外の町で、だいぶ生活費には開きがあるが、全体として見た場合は、世界で5位という結果になっている。

そして意外だったのは、第4位のアイルランドで8.46ドル。

ダブリンやそれ以外の町を考えても、そこまで物価が高いイメージはなく、フランスやドイツに比べて、最低賃金も当然低いだろうと思っていたし、どう考えてもロンドンよりもダブリンの方が、物価が安かったので、なぜイギリスよりも最低賃金が高いのかはかなり謎。

もしかすると、経済格差が比較的小さい国なのかもしれない。

第3位は同じくヨーロッパのベルギーで8.57ドル。

国連のある国としても有名だが、こちらもそこまで物価が高かった印象はないので、かなり意外な結果となっている。

第2位はルクセンブルクで9.24ドル。

これによって、ベネルクスと呼ばれるベルギー、ルクセンブルク、オランダのすべては、上位10位以内にランクインしたことになる。

ルクセンブルクの場合は、金融によって成り立っている小国で、他の国と比べるとかなりイレギュラーな立ち位置ということになる。

そして第1位はオーストラリアの9.54ドル。

確かに、近年のオーストラリアは、世界的に見ても非常に物価が高く、レストランでちょっとピザを食べるだけでも、3000円以上するし、味も正直微妙。

こういった中で、生活していくのに、この金額ではむしろ安いとすら感じてしまう。

ちなみに日本人がシドニーやメルボルン等で働こうとした場合には、ビザを出すという条件の代わりに、最低賃金以下で働かされるということもあるらしい。

元々物価が高く、オーストラリアに移住したり、留学をしても、生活がカツカツになることが多く、自分一人で家を借りることすらえきないので、ルームシェアになったりとか、かなり生活には制約が出てしまう国でもある。

なお日本は、ランク外となったが、13位に入っており、それ以外でもアメリカであれば、11位となっている。

移住先として、これらの国を考えた場合には、必ずしも最低賃金が高い国がいいというわけではない。

現地で働かないのであれば、当然ながら物価が安い方がいいわけなので、こういったランキングの上位に名を連ねていない方が有利だし、経済格差の大きさによっても、生活費というのは変わってくるので、最低賃金のみでは計れない部分も多々ある。

しかしながら、平均所得だけで、全てを見ることができないように、最低賃金も一つの批評としては十分に役に立つものなので、それぞれの国の概要をざっくりと捉える上では、こういった調査というのも、かなり参考になる。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ