バンコクのタイスキ有名店コカへ




バンコクで起用して3年以上経つ、友人の社長と合流をして、バンコクのタイスキの店に行ってきた。

ここは初めてくる店で『コカ』という。

これまでもタイスキには行ってきたが、チェーン店のMKに行くことが多く、今回のコカは、名前を聞いたことはあるものの、入るのは初めてだった。

日本から来ていた友人と3人で、スクンビットのスクンビットプラザ近くにある店に行ってきた。

店内は広々としていて、確かにMKと比べると高級感がある。

メニューも色々と充実していた。

こちらの方が人と会っての会食には明らかに向いているという印象。

その後友人たちと、投資話やビジネスの話で盛り上がったあと、アソック駅の近くで解散となった。

そういえば先日は、プルンチット駅の近くにある伊勢丹の中で、伊勢丹ご馳走通りというものを見かけ、そこで北海道フェアをやるという告知が掲載されていた。

私が訪れたのは、ちょうどこの春の北海道フェアの前日で、まだ何も始まっていなかったが、機会があれば期間中に一度行ってみたいと思う。

バンコクというと、和食を食べたくなった時に行く町で、わざわざ東京や日本まで行かなくても、十分に和食を堪能することができるが、今回の北海道フェアのような催しというのは、どのくらいのレベルなのか見てみたいもの。

東京や大阪でやるのと同じぐらいの規模であったり、あるいは鮮度等のレベルなのか、あるいはそこより数段落ちるのか、これは興味深いところがある。

さすがに東京と同レベルということはないだろうし、ある程度まで落ちるのは仕方がないとは思うが、それでもかなり楽しみなところがある。

今回のバンコク滞在中には、うな重を食べたり、寿司に舌鼓を打ったりと、十分に和食を堪能することができたし、ここからの一週間は、友人との行動が基本となるので、できるだけタイ料理であったりとか、あるいは和食以外のものも取り入れていこうと思う。

というのも、その友人というのは日本から来ているわけなので、わざわざタイで和食を食べる理由もないわけだし、せっかく初めてバンコクを訪れてくれたので、そちらの希望に合わせる予定。

そしてこれから一週間弱が経つと、ブルガリアに出発することになる。

ちょうどそれと同じ日に、友人も日本に戻るということだったので、私の方が数時間早くバンコクを出発し、そしてその日の終わり頃、日本時間で考えると翌日になるが、その頃になってソフィアに到着する予定となっている。

今回は、ロシア系のエアロフロートという航空会社を使うが、ここは初めてなので、どんな感じなのかはまだわからない。

何にしても時間通りに、無事に到着すればいいと思う。

夜10時の到着予定なので、あまり遅れると交通手段がなかったりとか、治安の面で初めての町としては不安が残ったりするので、そこら辺はスムーズにいくことを願いつつ、残り少ないバンコクの日程を楽しみたいと思う。

と言っても、バンコクにはまた今年中には来ることもあるだろうから、特別考え深いわけでもなく、一抹の寂しさを感じるというほどの感傷もない。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ