偏頭痛にコーヒー(カフェイン)がもらたす結果の矛盾


偏頭痛にはコーヒーというか、そこに含まれるカフェインが
症状を和らげるという説と、
逆に悪化させる原因になるという真逆の話がある。

一見すると、この2つの説は矛盾しているのだが、
突き詰めていくとそうでもないことが判明した。



まず、カフェインを含むコーヒーや紅茶は
血管の拡張作用がある。

要は血管を広げる効果が認められていて、
これが偏頭痛の原因になることもあれば、
むしろ症状を改善するきっかけになることもある。


というのは、一言で偏頭痛と言ってもメカニズムは個人差があり、
血管が収縮して血行が悪化している場合には
コーヒーが治療の方向に働く。

縮こまりすぎて問題が起きているところに
広げるのだからこれは自然なこと。


これに対し、過剰摂取した場合であったり、
元々血管が拡張して症状が起きている場合には
カフェインは悪化させる要因として数えられる。



つまり、血管に与える影響は同じであっても、
元々の体の状態によって得られる結果は違うことになる。

行き過ぎを抑える方向に働くのか、
それともさらに過剰な方向に導くのかが
人によって違ってくるので。



これでコーヒーにまつわる2つの矛盾する説については
理解することができた。

個人的には、コーヒーを飲むと胃のあたりが気持ち悪くなったり、
偏頭痛が起きることが多い。

特に体調が悪い時や、体力が低下していると感じる時は
その傾向が顕著になる。

そのため、極力飲まないようにしている。



ただ、純粋にカフェインの含有量だけで言えば
紅茶の方がコーヒーよりも多いわけで、
それにも関わらず紅茶を飲んで症状が出たことはない。

そうなると、カフェイン以外の要素によって
私の症状は引き起こされていることも十分に考えられる。


コーヒーにしてもカフェインだけが成分なわけではないので、
それは十分にありえること。

カフェインの効果ばかりに着目しても
見えてくるものは限界がある。



ただ、体験的に体調に与える影響が悪い以上、
わざわざ飲もうとは思わない。

においを好ましく感じることはあっても、
味は特に好きなわけでもないので
飲みたい気持ちになることもない。

子供の頃には甘いコーヒーが好きだったが、
今ではその気持もなくなった。


おそらく体が本能的に拒んでいるのだと思う。



そうなると、
コーヒーが偏頭痛に好影響も悪影響も及ぼすのは置いておくとして、
私にとっては体に負担をかける飲み物である可能性が高い。

そして好きな飲み物であるわけでもない以上、
わざわざ口にする必要もない。


カフェインにも様々な健康効果(良くも悪くも)が
様々なところで論じられる。

コーヒー愛飲者の方がこの病気にはなりづらいとか、
逆にあの病気の発症リスクが高まるとか。

自分がどの病気になるかは分からないし、
ひとまず放置しておくのがいいと思う。


愛飲者は健康にいいという証拠がほしいにしても、
私にとってはどちらでもいい話。


とりあえず直感的に体の状態が悪くなるのだから、
それを信じようと思う。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ