映画クリムゾン・ピークにみる執着の恐怖


いろいろな国を旅してまわって、結局のところ一番怖いのは人間だというふうに感じるが、その人間の心理の中でも、時として凶器をはらんでしまうのが執着心。

映画「クリムゾン・ピーク」は、まさにそのことを克明に映し出した物語だった。

この映画を観たのはバンコクだったが、人を斬りつけるシーンの痛々しさ等は、単なる娯楽作品というよりも目を背けたくなるとか、背中がぞっとするとか、そういった生々しさをどこかはらんでいる。

一応ジャンルとしてはミステリーホラーになっているが、大げさなスプラッター等はないものの、背筋が寒くなるような生っぽさがある。

主人公のイーディスは、ミア・ワシコウスカが演じているが、彼女は死んだ母親を初めとして、幽霊を見るという体験を度々している。

父親を亡くし、トム・ヒドルストン演じるトーマスと運命的に出会い、結婚を果たして、トーマスの家に移動をするが、住み慣れたアメリカを離れ、新天地での生活を始めることになる。

その屋敷というのは非常に豪華で、外観からすれば城にも見えるし、観光の為に訪れたくなるほど立派。

屋根が雪を被ると、尚更その美しさは際立つのだが、実際は天井が一部抜けて、雪が屋敷の中にも降り積もってしまうし、下は鉱山になっていて、どんどん屋敷自体が沈んでいたり、あるいは床板が腐っていたりと、内情としてはかなりぼろぼろ。

更に、トーマスの姉として登場する、ジェシカ・チャステイン演じるルシールは、その後ただの姉ではないことが、物語が進むにつれて判明する。

そして、何よりも露骨な執着心を見せていくのが、まさにこのルシールこの人。

ルシールとトーマスの間の異常な執着、そして、トーマスがこの屋敷に対して見せる異常な執着、そういったものが悪い方向に連鎖して、結果として何人もの犠牲者をこの屋敷は生み出してきた。

そして、4人目か5人目かその位の人数となるであろう犠牲者の候補となっていたのが、物語の主人公になっているイーディス。

彼女は、知らぬ間に紅茶やおかゆに毒を盛られ、体の内部から弱っていく。

吐血をするシーンもあるし、物語終盤ではふらふらになりながらも戦うことになる。

イーディスは、この「クリムゾン・ピーク」という物語において、執着心の犠牲者にも見えるが、ある意味で言うと彼女も早い段階で、トーマスとの結婚に見切りをつけなかったという意味では、そこに執着していたといえるのかもしれない。

もっともそれは、ルシールやトーマスが持っている執着心に比べればはるかに健全なレベルで、彼らの狂気に比べればかわいいもの。

あくまでも常人のレベルを逸脱するような異様さをはらんではいない。

あまりネタばれをするのも何なので、物語の詳細については触れないでおくが、この映画を観て感じたのは、土地との結びつきに異常な執念を見せたトーマスは、何も特別な存在ではないということ。

彼は、地下の鉱山開発というものも含めて、言い換えれば、発明やビジネスも含めてその土地と結びついていたが、単純に先祖代々伝わる土地であるとか、長く住み慣れた土地ということで、自宅に異常に執着する人は、用の東西を問わず多数いる。

もし彼らが、執着心を捨ててしまえば、多くの問題が解決し、自分だけではなく、行政やあるいは家族、親族が喜んでくれるとしても、それらを顧みずに留まり続けるということは珍しくない。

そして、その結果として、孤独死であったり、経済的な困窮であったり、様々な問題が現実にも発生しているが、それを極端に描いたのが「クリムゾン・ピーク」という作品だったとすれば、それはある意味強烈なアイロニーであるとも言える。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ