クロアチアの物価をザグレブ他4都市で調べてきた


クロアチアを周って物価調査を敢行した。

と言っても価格だけを淡々と調べてきたわけではなく、
将来の移住先としての可能性を見たり、
観光をしたり、現地で仕事をしたり、
アドリア海を満喫したりしながら。


日本人にとって馴染み深い街と言えば、
まずは首都のザグレブだろう。

順序としては今回の旅の中で最後に訪れたが、
ポレッチやリエカ、プーラよりも有名で
これから行こうと思っている人も多い街であるはずなので、
先にそちらから。


私が訪れたのはハイシーズンが始まったばかりの
6月下旬だった。

ヨーロッパの旅行シーズンは7月と8月がピークで、
6月後半からはハイシーズン扱いになることが多い。

実際、アドリア海では夏季限定のフェリーやバスの路線も
6月16日から8月末日までを期間にしているのをたびたび目にした。


というころで、
ザグレブを訪れた時は
レストランやホテル代といった部分では
滞在費がかさみがちな時期だった。

とは言え、クロアチアの物価についての率直な印象は
思った以上に安いということ。

歴史的には色々あった国だが、
今ではそれなりに有力な観光地として
日本人にも認識されている。

その割に、旅費も安い。


たとえばホテルにしても、
中級ホテルでも7,000円程度で
それなりに選択肢がある。

レストランで食事をする場合、
ザグレブでもピッツァ・マルゲリータが500円、
ピッツァ・ベジタリアーナが640円、
hakeという白身魚の料理が1200円、
サーロインステーキが2900円、
皿いっぱいに盛られたムール貝が900円、
牛肉のシチューとヌードルが800円、
エビのリゾットが990円、
カルボナーラのパスタが640円、
ビールが330mlで250円程度。

ポレッチやリエカなら
レストラン代がさらに3割ほど安くなる。
(飲み物は同じぐらい)


カフェに入れば、
コーヒーが7クーナ、100円程度で、
コカ・コーラが0.5lで320円、
ケーキも200円程度から。

バーでカクテルを飲む場合、
マイタイやピナコラーダが640円、
キューバリブレが560円だった。


旅行者の財布に優しい国だった。



では仮に移住する場合にはどうか?

そんなことも想定して、
地元のスーパーマーケットでも物価をチェックしてきた。

クロアチアでよく見たのはKONZUMで、
ポレッチで滞在したホテルアパートメントの1つのオーナーは
この店でレジ打ちをしていた。

話を聞いたら投資用の部屋だそうで、
他にももう一室所有しているらしい。

Booking.comで借り主を募集し、
20%の手数料を払って集客しているとのこと。

かなり割高な手数料にも思えるが、
オーナーはしきりにBooking.comの集客力を褒め称えていた。

レジ打ちをしながら投資用の部屋を2つ持つというのも
日本人の感覚からは少々特殊な感じがしたが、
新しい建物のため単なる相続ではなさそうな様子だった。


それはそうと、クロアチアのスーパーでの物価について。

KONZUM以外にもBILLAとSPARも対象にして調べてきた。



食料品はとにかく安い


クロアチアに限った話ではないが、
ヨーロッパでは野菜や果物がとにかく安い。

ザグレブでもこの傾向は変わらず、
プラムがキロ210円
洋梨がキロ250円、
りんごがキロ160円、
オレンジがキロ200円、
イチゴとチェリーは同価格でキロ470円、
トマトならキロ210円、
キャベツが1個60円、
ズッキーニがキロ110円、
グリーンパプリカがキロ360円、
サニーレタスが1つ70円。

他にも
ツナ缶が190円、
イワシの缶詰が160円だった。

自炊するのであれば、
食費は極端に思えるほどに安くで済ませることができる。

なお、ビールも500mlで100円を切る価格から、
ワインもフルボトルで200円程度から売られている。


レストランで食べても安いが、
仮にクロアチアに住んで自炊もするのなら、
生活費は相当抑えることができる模様。

どちらにしても、
ザグレブにしろ他の街にしろ、
レストラン代が安いため
節約のために自炊することは考えられなかったが・・・。

ただし、料理は全体的に重めな上、
バリエーションには乏しい傾向があった。

そのため、たまに軽めに済ませる目的で
料理をすることはあってもいいかもしれない。



総括としては、
クロアチアの物価は全体としてとても安かった。

移動費にしても、
街と街の間は数百円から2000円程度で
バスによる移動ができる。

日本からの航空券代を除けば、
相当に安くで済むことになる。

ただし、バス会社は相当に社員教育ができていないらしく、
運転手もチケット売り場も態度が悪いことが多く、
あまり移動が愉快ではなかったのは残念だった。

しかしクロアチアが常に安かろう悪かろうということはなく、
レストランや小物のショップ等では
全体的にフレンドリーな人が多かった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ