クロアチアの治安は意外なことに・・・


歴史を踏まえて考えると、
クロアチアの治安は悪そうな印象がある。

難民が退去して押し寄せてきたという背景も
犯罪の増加につながりそうな印象。

しかし、今回の旅ではポレッチを皮切りに
プーラ、リエカ、ザグレブと周ってみたものの
ピリピリした雰囲気や風紀の悪さはあまり感じなかった。

むしろドイツと比べれば、
ずっと健全で牧歌的な国というのが率直なところ。



ただし、ザグレブ滞在時には
サッカー、クロアチア代表の試合があったらしく、
街中でワインのボトル片手に大騒ぎしている一団がいた。

人数は20人弱。

日本人に比べるとクロアチア人は大柄で、
20歳前後の若い男ばかりが騒いでいると威圧感がある。

試合の興奮だけではなく、
アルコールも入っているため
下手にかかわらない方が得策なのは間違いない。

しかも中国人を嫌っている人も中にはいて、
若者の中には過激な行動に出ることもあるらしい。

向こうから見れば、
日本人も中国人も見分けがつかないだろうから、
なおさら近づかないでおいた。


そういえば、プーラでは土産物屋の軒先で
「ニーハオ」と声をかけられた。

比較的距離が近く、
日本人も中国人も多い東南アジアでさえ
間違えられる事が多い。

ましてヨーロッパで正確に区別してもらえるとは
とても期待できない。

プーラでは、ホームレスから
「Chinese people,come on」と謎の言葉をかけられ、
翌日はおそらく同じ人だったと思うが、
「10クーナあるだろ、恵んでくれ」と言われた。

やはり中国人と見分けが付いていない様子。


そんなわけで、代表戦がある時には要注意。

というより、冷静さを失っている集団を見かけたら
常に細心の注意を払っておいた方がいいだろう。

体格のいい若者の悪ふざけで
ケガでもさせられてはたまらない。



これ以外には、
特に治安の悪さを感じた出来事はなかったし、
身の危険を感じたこともなかった。

ポレッチでは海で泳いでいる人も多かったが、
基本的に身の回りの品は浜辺に放置されていた。

盗難が日常茶飯事な場所なら、
こういった管理の仕方はしていないだろうから、
それなりに安全であることがうかがえる。

もちろん貴重品は持ってこないとか、
基本的な配慮はするべきだが、
過剰に神経質になる必要はない模様。

アドリア海は透明度も高く、
眺めるのも海に入るのも楽しい。

場所によって治安の差もあるので、
周りの様子もうかがいながら楽しんでもらえればと思う。



そういえば、同じくポレッチでは、
妙にしつこいメガネ屋があった。

前を通る度に英語でブツブツと何か言ってくるのだが、
どうも私のメガネに文句をつけているようで、
それを理由に買い替えを勧めていたらしい。

反感を持たれて、
他の店に流れていくだけな気がするのだが。

クロアチアはフレンドリーな人が多かったが、
必ずしも接客水準は高くない。

特に顕著だったのは、
この謎のメガネ屋とバス会社。

バス会社はAutobus、Bus Croatia,
brioni pulaを使ったが、
どこもひどかった。

タバコを吸いながら、
車掌がチケットをチェックしていたり。

チケット売り場の対応も散々で、
観光に力を入れている国とは思えなかった。



とは言え、バスは基本的に犯罪がらみのトラブルは少なく、
治安関連で気をつけるべきなのはタクシー。

世界各国共通の事情ではあるが、
現地事情にうとい外国人旅行者をカモにして
ぼったくりを行う事例はクロアチアでも存在する。

そもそもザグレブも小さな街だし、
ポレッチやリエカ、プーラは輪をかけて規模が小さい。

あまりタクシーに乗る必要を感じることもないため、
好き好んでトラブルの元に近づく必要もないだろう。


ただし、首都ザグレブでも地下鉄等はないため、
徒歩以外だと乗り慣れないバスやトラムを利用することになり、
事前に路線を確認しておかないといけない。

その意味ではタクシーの利点はたしかにあるが、
気をつけるべき場面であることはこの国でも変わらない。

治安がいい国でも、
タクシーに心から安心して乗れることは少ない。

残念ながら、クロアチアも例外ではない。



それ以外については、
ヨーロッパの中でも危険ということはないし、
日本人旅行者により人気の高いパリやロンドン、
フランクフルト、ローマ等と比べても
肌感覚でクロアチアは安全だと感じた。

首都のザグレブでもそうだし、
プーラやリエカのような小さな町に行けば、なおさら。

海外に出て羽目をはずしすぎなければ、
原則として安全な国と考えていいだろう。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ