海外移住

海外に移住して快適な居住環境を追求したら、世界を転々とすることになった > 「立派な社会人」への絶望 > クラッシャー上司に退職に追い込まれた同僚たち

プロフィール

プロフィール

伊田武蔵
【世界4大自由倶楽部】
主催者


伊田武蔵とは何者?

伊田のこれまで

クラッシャー上司に退職に追い込まれた同僚たち

初めて就職した会社には、
これまでに数々の社員を
退職に追い込んできたクラッシャー上司がいた。





そのくらいならまだよかったのだが、
よりによって私の直属の上司だった。

せめて関係ない部署だったらよかったのに。



入社当初はそんなことは知らなかったが、
ある日他の部署の人からそんな話を聞くことがあり、
その後も様々な場所で耳にすることになった。

私の部署に若い社員がいない理由(20代は当時私一人)、
慢性的に人手不足である理由、
私も含めて他の部署への応募者から引っ張ってまで
人員を補充しなければいけない理由を。



これまで何人も先輩社員を
クラッシャー上司が退職させてきたので、
結果として人が足りなくなっていた。

私は2年近くは耐えたが、
その間に入ってきた後輩はすぐに退職した。

ある意味賢明な判断だったと思う。



繰り返される恫喝に神経がすり減ると、
だんだん考える力が失われていった。

会社を辞めたいと願う反面で、
それを実行するためのエネルギーが奪われていく。

後輩の場合には入社して3ヶ月もたっていなかったので
泥沼にはまる前に脱出することができたのだろう。

それだけの短期間で退職したとなれば、
彼の経歴にはマイナスになるのだろうが、
それはクラッシャー上司を喜ばせる材料でしかない。



結局、部署のトップも管理を持て余していたため、
ほぼ仕事もせずに部下の恫喝のみを行い、
部署で唯一定時に帰っていくのがクラッシャー上司だった。

それ以降の時間に、我々は仕事を進めていくことになる。

もっと上の立場の役職者も含めて。


クラッシャー上司よりも上級職については
部下を管理できていないのだからある意味自業自得だろうが、
それにしても劣悪な環境だった。

もう2度とあんな環境では働きたくないし、
そのためにはサラリーマンにならないことが確実な解決策。

余計な組織に属して人間関係で苦労するよりも、
1人で気楽に仕事をする方がいい。

それが実現できて助かった。




【人気記事】

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



詳しくはこちらで
メールアドレス













« 前の記事「東南アジアに移住した結果(マレーシア・フィリピン)」  |  次の記事「ヨーロッパで移住しやすい国を探してみた」 »

 

人気記事

カテゴリー