ダブリン城で感じた貴族の苦悩


アイルランドの首都にあるダブリン城に行ってきた。

ここは城というふれこみになっているし、実際外側から見ればそういった部分もあるものの、実際に中に入って見てみることが出来るのは宮殿のような部分だけで、所謂要塞としての城を見ることが出来るわけではない。

ある意味で言うとヨーロッパの中ではよくある宮殿の一つという感じがして、それほど目新しいものではなかったし、例えばシェーンブルン宮殿と比べれば規模も小さいので、決定的な見どころとなるものではないものの、久しぶりにこういった宮殿を見ることが出来たので満足だった。

ここで感じことと言うのは、特に大広間に関して言えることで、所謂観光客がここに住んでみたいとか、こんなところで食事をしてみたいとか思うような場所が、実際のところは修羅場の歴史を辿っているはずであるということ。

というのも、こういったところというのは政略を張り巡らせたやり取りというのがされていたはずだし、ある意味各国であるとか、もしくはそれぞれの一族の威厳を示すために徹底的に建物についても装飾に凝っていたりとか、或いは天井をとにかく広くして、それぞれの立場を徹底的に見せつけるということをしている。

つまりはのんびりとその素晴らしい環境で食事をしているとか、そういった環境ではなくて、それぞれが出し抜くか出し抜かれるかであるとか、そういった謀を企てていた場所ということになる。

しかも嘗ての時代というのは命が今ほど重視されていないわけなので、現在の企業間の攻防に比べて遥かに残酷で徹底的な仕打ちが行われていたことは容易に想像できる。

そう考えてみるとこういった場所というのは美しい半面で、とても空恐ろしいものではないかということを感じる。

確かに私たちは観光客として何ユーロか支払うだけでそこを見ることが出来るし、そこで何かの落し穴に嵌められるようなことはない。

しかしながら現役でこの建物を使っていた人達というのはそういったことではなくて、招く側も招かれた側もそれぞれに心の中に秘めているものがあったり、命がけの任務というのを帯びてやって来ていることも多かったはず。

そういったことを考えてみるとこういった大広間に呼ばれるような立場ではないということが、寧ろ気楽で良かったのではないかとすら思えてくる。

これは現代の企業間においても同じことで、例えば料亭等に行って経費で食事が出来るといえば羨ましがられることもあるはずではあるものの、そういった高級な場所での会合ほど、その企業にとって重要な意味を持つことになるので、外せない役割というのが出てくる。

当然ながらいくら高級料亭の食事であっても味が全然記憶に残らないとか、そういったことも出てくるわけだし、寧ろ居酒屋のようなところで気楽に飲んでいる方が楽だったということも多々あるはず。

こうして考えると、ダブリン城の昔も現在の企業間でのやり取りもそこまで大きな変化というのはないのかもしれない。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ